映画トピックス

大ヒット公開中!『インクレディブル・ファミリー』SB柳田選手&黒木瞳が揃って登場!

2018年08月16日 15:00 by 筒井あや

大ヒット公開中の映画『インクレディブル・ファミリー』で、プロ野球や球場の楽しさをより多くの親子に体験していただくための6球団横断型の<パ・リーグ 親子ヒーロープロジェクト>が実現。パ・リーグ6球団代表選手がインクレヒーロー風に扮したピクサー公認イラストが披露目されており、中田選手(北海道日本ハムファイターズ)、山川選手 (埼玉西武ライオンズ)、鈴木選手(千葉ロッテマリーンズ)、則本選手(東北楽天ゴール デンイーグルス)、T-岡田選手(オリックス)、福岡ソフトバンクホークスからは柳田悠岐選手が描かれています。

また、映画に登場するヒーロー家族5人はそれぞれがスーパーパワーを持っていることから、パ・リーグ 6 球団を代表する投打におけるヒーロー選手たち 6 選手が今作の一 言声優としても出演。福岡ソフトバンクホークスからは、イラストにもなった柳田悠岐選手が運転士役として声優に初挑戦してい ます!

8月5日(日)に開催された<パ・リーグ 親子ヒーロープロジェクト>でインクレディブル・デー”として開催されたセレモニアルピッチに、本作で伸縮自在なゴム人間ママのヘレン/イラスティガールの声優を務める黒木瞳が登板。

登板前のトークショーで、柳田選手と黒木瞳が初対面し、初挑戦となった声優について、黒木瞳は「出来上がった作品を観て、この声優さん誰だろう?と思っていたら柳田選手だったので驚きました」と絶賛。

これに対し柳田選手は「一言だけだと聞いて、自信を持って収録に出かけたら、セリフを50 回くらい言わされて、汗だくでした(笑)だけど、黒木さんに褒めてもらえて良かった」と収録時を振り返った。

またセレモニアルピ ッチに挑む黒木さんへのアドバイスを求められると柳田選手「軽い気持ちで、自信を持って。練習で長い距離を投げていたら、18mは意外に近いと思うので大丈夫ですよ!」とエールを贈った。

セレモニアルピッチ本番、詰めかけた観客に「『インクレディブル・ファミリー』信じられないくらい面白いのでぜひ皆さんみて下さい!」と映画をアピールし、いざマウンドへ。バッターボックスに立つ、”インクレヒーロー風”マスクをつけた球団マスコットハリーくん目がけて渾身の1球を放つと、ボールは見事キャッチャーのミットに収まった。
終了後、セレモニアルピッチ挑戦について「楽しかったです!」と晴れやかな表情で語った黒木瞳。本番前には笠谷投手から投球レッスンを受け「投球フォームとか、”リラックスして”などと教えていただいたおかげで、落ち着いてできました」と満足気に語った。また、ピッチング練習には、工藤監督も顔を出したそうで「プロ選手は、早い球には慣れているが、逆に私が投げるようにゆっくりのボールだと選手が打てないので いいピッチング!」と褒められたことを明かしてくれた。最後に「福岡はすごく盛り上がる。球場の熱気も久しぶりでした。これからも盛り上げ頑張って欲しい」と締めくくりました。

映画のイラスティガールさながらにセレモニアルピッチでも大活躍した黒木瞳。日本でも大ヒット中の映画『インクレディブル・ファミリー』、このセレモニアルピッチさながらに公開後も暑い夏をさらに盛り上げていくこと間違いなし!
 

『インクレディブル・ファミリー』は大ヒット公開中!

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP