グルメ | イベント

夏は格別の味わいだって知ってた? いまこそ食べたい、あのお肉!

※このイベントは2018年8月31日(金)をもって終了しました。
※この情報は2018年8月10日(金)時点のものです。情報が変更になる場合があります。ご了承ください。

2018年08月10日 20:00 by 山内淳

連日の猛暑、いや酷暑で夏バテしていませんか? そんな時はお肉を食べてスタミナを付けましょう! とはいえ、こちらで食べられるのは、よくある牛肉や豚肉ではありません。

扉の前で出迎えてくれる木彫りのシカやイノシシを見て分かる通り、ここ『情熱の千鳥足 CARNE(カルネ)』は野生の鳥獣肉(ジビエ)が楽しめる専門店。ジビエといえば狩猟が解禁される秋から冬が一般的なシーズンですが、地域活性化事業を手掛ける会社が母体のこちらでは、鳥獣を一頭(羽)買いしているため一年中食べることができるのです。

オープンキッチンの店内は臨場感にあふれ、ジューッと肉を焼く音や立ち昇る香りに食欲がそそられそう。

ウォークインセラーはワインを貯蔵しているだけでなく、シカやイノシシの肉がじっくり熟成中。

まず驚かされるのが、豪華なお通し。手前から「イチジクの生ハム巻き」、店長・舟木慧さんのお父さんが糸島で育てたニンジンの「キャロットラペ」、「ナスの煮浸し」、「佐土原ナスと鹿のしぐれ煮」、「キジ手羽の焼酎煮」、「ミディアムトマトのハニービネガーマリネ」。内容は仕入れや季節によって変わりますが、ボリューム感は同じで1人540円。ほかの料理への期待値が高まり、ワクワクが止まりません! ワインはグラスが648円~、ボトルは3,240円~です。

オーダー率、リピート率ともにトップクラスの人気メニュー「ジビエのメンチカツ」(2個702円)。シカ、イノシシ、キジ、黒豚の4種類からなる合挽き肉も自家製で、店舗でブロック肉から挽き肉を作り、それぞれをバランスよく混ぜ合わせて腸詰めしています。肉々しさはありながら、臭みはなくてジューシー!

『CARNE』で使用するジビエは、九州各地の加工所で屠殺してから1時間以内に血抜きや解体処理したものだけを仕入れています。この加工所での迅速な処理と、店舗での適切な下処理によってジビエ特有の臭みをなくすよう徹底しています。

『CARNE』ではジビエを用いてソーセージやハム、パテなどのシャルキュトリ(食肉加工品)も作っています。写真は「自家製ソーセージ」(各432円、※1)で、手前から黒豚、シカ、イノシシ。どれも旨味が凝縮していて、サラミのように濃厚な味わい。自家製のイチジクマスタードとよく合います。

「ジビエはフランスの高級料理と思われがちですが、串焼きもあるので気軽に食べ比べを楽しんでください」と舟木さん。串焼きはシカ、イノシシ、キジ、キジのせせり、黒豚バラ肉、ジビエのつくねがあります(各324円、※2)。

肉ばかりじゃなくて、ちゃんと野菜も食べましょう。『CARNE』のコンセプトが「ジビエと、お酒と、お野菜と、」であるように、新鮮な野菜も九州各地から仕入れています。約10種類からなる「たっぷり野菜のスティックサラダ」(864円)は、糸島産や添田町産の彩り豊かな有機無農薬栽培の野菜が中心。ジビエに負けず劣らず野菜も味が濃い! ディップソースは「焦がしニンニク味噌」(左)や「大葉と胡麻の味噌」(右)など2種類を用意。

メインはグリル料理で決まり! 「鹿のモモ肉(左)」「鹿のロース(右)」(各2,160円、※3)、「野菜のグリル」(648円)。8月31日(金)まで「添田町フェア」が開催中で、英彦山の麓でのびのびと育った「天狗鹿」が食べられます。添田町でブランド化された「天狗鹿」は、木の芽を食べて活動的に過ごす夏の方が、身がやわらかくてジューシーだと食通の間では知られています。この貴重な夏鹿を仕入れられるのは、狩猟期間だけでなく一年を通してジビエを扱う専門店だからこそ。

「ジビエ=肉がかたい、臭い」というイメージの方も多いと思いますが、まったくそんなことはありません。肉を口にすると、想像以上のやわらかさに衝撃を受けるでしょう。「天狗鹿」のモモ肉は、野趣あふれる濃厚さを持つ赤身らしい肉本来の味わい。一方、程よく脂がのったロースは、あふれ出る旨味を存分に満喫できます。ちなみに、「なめらかガトーショコラ」(540円)をはじめとする、パティシエの経験も持つシェフが作るデザートもおすすめです。

そして「添田町フェア」の期間中、インスタグラムにハッシュタグ「#天狗鹿」を付けてアップすると、「英彦山サイダー」がプレゼントされますよ! ※なくなり次第終了

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

添田町フェアEVENT

期間 2018年8月3日(金)~2018年8月31日(金)
※1:「天狗鹿のソーセージ」は270円
※2:「天狗鹿の串」は270円
※3:「夏天狗鹿のグリル(ロース・モモ)」は各1,944円

プレイス情報PLACE

情熱の千鳥足 CARNE(カルネ)

住所 福岡市中央区西中洲10−6
TEL 092-733-6100
営業時間 18:00~翌1:00(OS24:00)
定休日 不定休
URL http://www.idea-p.co.jp/carne/
PAGE TOP