ファッション | まち | ひと

LOVERS ~プロローグ~

2018年08月02日 21:00 by わっくま

愛してる。

この感情を語弊なく正確に表すセンテンスワードはなんだろう?
ぱっとは思いつかない。
次はキーワード。
「愛」「真心」「誠意」「献身」「恋慕」「LOVE」「사랑해」 。
はたまた、「犠牲」「赦し」「増悪」「執着」。
番外編では「愛羅武勇」ってところかな。
私、こういった言葉を目の前にするとゲシュタルト崩壊を起こすことがあるんですね。
あれ?この言葉なんて読むんだっけなー、わかんねーなー、みたいな。
これぐらいが「恋愛しなさすぎLv1」です。

お次は、昔好きだったあの娘と見に行った映画をまた観たり。
ラブロマンス小説で自分を投影してシクシク泣いてみたり。
これ「恋愛しなさすぎLv2」。
Lv2ともなると、目眩と吐き気をもよおします。
(最近ではNETFLIXオリジナル「DEVILMAN crybaby」で
主人公になりきり、吐きそうになりました。)

Lv3の話しは酷くなりますのでやめときます。

映画みたいに小説みたいにドラマみたいに「胸が張り裂けそうな恋がしたいんだ!!」っていつも考えている。好きだよ!(ハート)ってどんだけ言われてないんだ…。

暑苦しく「愛とはなんたらかんたら」みたいに語る人や
企画を目にすることが最近少なくなった気がしません?
こんな酷暑だからかな?
前は確かあったんだけどな。(筆者独自調べ)

歩いていると楽しそうな2人とすれ違う。
どんな出会いをして、どれだけ愛し合ってるんだろう。
愛について少しでいいから触れてみたい。

ということで、
愛に飢えている私が企画するこのコラム「LOVERS」は1枚の写真と簡単なインタビューで構成し、「愛してる」についてその言葉の意味が分からないなりに、どうにかこうにか表現したいなと思っています。

このコラムが最終回を迎える頃には、
愛についてなにか見えてくるかもしれない、という淡い期待を胸に。

連載コラム「LOVERS」。
しばし、お付き合いを。

取材・文:わっくま
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP