ショッピング

〈FREDERIQUE CONSTANT〉はスイス生まれの“手の届くラグジュアリー”

2018年08月03日 10:00

〈FREDERIQUE CONSTANT(フレデリック・コンスタント)〉はスイス・ジュネーヴ郊外に本社を構える、1988年創業の時計ブランド。1994年には、世界初となるオープンダイヤルウオッチ「Heart Beat(ハートビート)」を発表したことでその名を知られている。

 「Heart Beat」とは、ダイヤルに設けられた小窓から、機械式ムーブメントの心臓部「テンプ」が鼓動(Beat)を刻む様子を眺められる機構で、その斬新さと格好よさで、またたく間に人気をさらった。この自分の手元に機械式時計があることを常に思い起こさせてくれるデザインに、文字通り、ハートをドキドキさせられてしまった人は数知れず。「Heart Beat」のデビューは当時の時計界において、かなりエポックメーキングなできごとだったのは間違いない。

 さて、今回、福岡三越6階時計サロンの三浦さんが“この夏、つけたい時計”として選んでくれた一本。それは「Heart Beat」を備えた中でもクラシックなライン「CARREE(カレ)」である。この夏、到着したての日本限定カラーで「深めのネイビーブルーなので、落ち着いた中にちょうどいいバランスの遊び心が見え隠れしますよね」と話す。最近、ネイビーカラーの時計はトレンドというよりも定番化しており、ビジネスシーンで着けている人も多い。

三浦さんによると〈FREDERIQUE CONSTANT〉はレディスラインも豊富だとか。「『CARREE』のレディスで注目されている新作は、ダイヤモンドが34石並んだモデル。11月頃にはステンレスケース、ネイビーストラップモデルも発売されます。ダイヤ付きでこの価格帯というのも大きなサプライズでしょう?」とにっこり。また、最近は「MOONPHASE(ムーンフェイズ)」と称された、文字盤に月の満ち欠けが表示されるモデルも女性に評判だ。「デザインも可愛らしいですし、月の満ち欠けのリズムを日々感じられますよ」と教えてくれた。

 〈FREDERIQUE CONSTANT〉の哲学のひとつに「高級時計を手の届く価格で」がある。我々にとってはうれしい限りのその想いが「そろそろ機械式時計を着けてみたい」「もう一本プラスしたい」という人たちの背中を押してくれるはずだ。

 2018年9月、福岡三越6階の時計サロンで、〈FREDERIQUE CONSTANT〉のフェアが開催決定という、タイムリーなニュースも届いた。ご成約の方に向けた特典がまた超プレミアムな内容で、「オーバーホール1回無料」のサービスもある。こちらにもちょっと強めに、背中を押されてみた。
今回、お話を伺ったのは、福岡三越6階時計サロンの三浦さん。

よりモダンな印象のステンレスブレスのモデルもあり。こちらも新作で日本限定モデル。CLASSICS CARREE AUTOMATIC HEARTBEAT(日本限定カラー/3気圧防水)186,000円+税

ネイビーブルーの文字盤とレザーストラップのコンビ。ハートビートからはピンクの人工ルビーが顔を覗かせる。CLASSICS CARREE AUTOMATIC HEARTBEAT(日本限定カラー/3気圧防水)166,000円+税

満月から新月まで、今夜の月が文字盤に表示される。 SLIM LINE MOONPHASE LADIES(3気圧防水)140,000円+税

カレのレディスモデル。34石のダイヤモンドが輝く。哲学のひとつ“手の届くラグジュアリー”がなせる贅沢! CLASSIC CARREE LADIES ¥220,000円+税


フェア期間中にご成約いただいた方への特典として、下記のサービスのうちいずれかが受けられます。このチャンスをお見逃しなく。
【1】オーバーホール無料券
お買いあげから5年間有効 ※機械式時計をご購入の方に限る特典です。
【2】交換用ストラップ 【3】電池交換無料券
※ストラップモデルのみ

 

福岡三越6F 時計サロンEVENT

時間 10:00~20:00
主催者URL https://www.iwataya-mitsukoshi.co.jp
住所福岡市中央区天神2-1-1
電話番号092-724-3111
PAGE TOP