グルメ

こんな贅沢いいんですか!? 熟成肉の名店が贈る極上カレーランチがすごい

2018年07月16日 12:00 by 森 絵里花

福岡で熟成肉といえば必ず名の挙がる有名店『オーセンティック リビング ブッチャー NYC』。NYスタイルの技法を用いて仕上げるエイジングビーフ(熟成肉)ステーキは本場さながらの味わいで、今なお福岡の熟成肉シーンを牽引する存在です。

今回はそんな『ブッチャー』に“カレーランチが登場している!”との話を聞きつけ訪れました。閑静な住宅街の一角に建つ警固本店は、煉瓦造りのシックな佇まい。

空間はラグジュアリーなNYスタイルで統一。日常の喧騒から離れ、ちょっとした非日常気分を味わえます。

店内にはふかふかのベンチシートを据えたテーブル席と、最大6名で利用できる個室を用意。写真のテーブル席フロアは未就学児NGとなっていますが、個室はお子様連れのご利用も歓迎だそう。周りを気にせず、ゆったりと食事を楽しめますね。

『ブッチャー』の看板メニューといえばやはり、厳選した赤身肉を約3週間じっくりと熟成させたエイジングビーフステーキ。電磁波振動により細胞を壊すことなく水分のみを飛ばすという「ドライエイジング技法」を用いることで、旨味がぎゅっと凝縮された極上の熟成肉に仕上がるのだとか。

炭火で香ばしく、かつしっとりと焼き上げられたステーキは、噛むほどに広がる芳しい熟成香と赤身ならではの力強い旨味がたまりません。ランチメニューは多数用意されており、もちろんこのエイジングステーキも味わうことができます。しかし、今回のお目当てはカレー!

今回満を持して登場したカレーは、エイジングビーフの切り落とし肉やスジ肉、香味野菜、果物をふんだんに使ったシェフの自信作。じっくりと煮込まれたルーは、まるでビーフシチューやフレンチのソースのよう。濃厚なコクと素材の甘味が広がるリッチな味わいで、じわじわと押し寄せてくる辛味もたまりません。

また、合わせるライスには栄養価が高く、健康や美容、アンチエイジングにも効果があると言われる古代米(赤米)を採用。注文ごとに小鍋で一つずつ炊き上げるこだわりようです。炊き上がりまでに約30分はお時間をいただくそうですが、これだけ贅沢なカレーのためなら待つ時間も惜しくはありません!

トッピングなしのシンプルな「ブッチャーカレー」(アミューズ、ミニサラダ付き1,300円)も用意されていますが、個人的にはトッピングありverがオススメ。だって、せっかくならお肉もカレーもしっかりと楽しみたいですよね? 写真は、柔らかく煮込んだ和牛がごろっと入る「Beefカレー」(アミューズ、ミニサラダ付き1,680円)。

ランチの人気メニューである牛100%のエイジングハンバーグをトッピングした「エイジングハンバーグカレー」(アミューズ、ミニサラダ付き1,680円)や、炭火焼ステーキを贅沢にトッピングした「国産牛ロースステーキカレー」(アミューズ、ミニサラダ付き2,500円)も甲乙つけがたい美味しさです。

また、カレーをさらに優雅に楽しむなら「コース」(カレーコース2,600円〜)がオススメです。セット内容は、アミューズ/熊本県うさぎ農園の自然栽培野菜のサラダ/旬の食材を使用したシェフ特製オードブル/旬野菜で仕上げる大地のスープ/季節のデザート/アフタードリンク。これなら、ライスの炊き上がりを待つのも苦でないし、最後までゆったりと贅沢な時間、味わいを満喫できますね。

暑くなるほど恋しくなるカレー。スパイスが効いたカレーもいいけれど、この夏はぜひ、他と一線を画すリッチな味わいを楽しんでみませんか?

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

オーセンティックリビングブッチャー NYC

住所 福岡市中央区警固3丁目13−6
TEL 092-735-7766
営業時間 11:30〜14:30(OS13:30)、18:00~22:00(L.O.20:30)、土日祝17:30〜
定休日 月曜、第1火曜
URL https://bt1129.com/kego
PAGE TOP