まち

夏本番!「涼」を呼ぶ、こんな古典的な方法はいかが?

※このイベントは2018年7月24日(火)をもって終了しました。

2018年07月14日 10:00 by ソノユウ。

梅雨明けから、酷暑もトップギアですね。炎天下を歩くのもうんざりですが、実は、「まち歩き」のご提案なのです。

といっても、今回は屋内で涼しく楽しめる「天神まち歩き」!天神の名所を訪ねますが、今回の訪問先「警固神社」で、当社所蔵のお宝を学ぶことが目的なのです。

天神のまちづくりを応援する、天神エリアマネジメント団体『We Love 天神協議会』では、天神の街角や路地裏にひっそりと息づく歴史の足跡、隠れたスポットなどを訪ねて歩く「天神まち歩き」を実施していますが、今回のテーマは『警固神社宝絵馬「三十六歌仙」~数少ない「夏の歌」で涼もう!~』。

普段は公開されていない市の有形民俗文化財である「三十六歌仙」の絵馬を愛でながら、平安の歌人たちに思いを馳せる夏の一日です。

三十六歌仙とは、藤原公任の「三十六人撰」に選ばれた代表歌人のこと。柿本人麻呂、大伴家持の他に紀貫之、伊勢など名だたる歌人の希少な夏の歌で、涼を感じてみましょう。宮司による正しい参拝の仕方も伝授!

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

天神まち歩きEVENT

警固神社宝絵馬「三十六歌仙」 数少ない「夏の歌」で涼もう!

期間 2018年7月24日(火)
時間 13:00~15:30
料金 1,500円(保険料・資料代・参加票郵送代込)
主催者URL https://welovetenjin.com/index.html
イベント公式URL https://welovetenjin.com/join
定員:20名
※申込締切7月18日(水)
お問い合わせ We Love天神協議会(TEL:092-734-8750)
PAGE TOP