グルメ | 新店舗オープン

荒江から赤坂の地へ。お酒とともに旬の料理を楽しめる店として再出発

2018年07月10日 12:00 by 木下 貴子

荒江で人気を博していた「焼鳥あきちゃん」が赤坂に移転し、『赤坂あきちゃん』として新たなるステージへ。場所を変え、業態を変え、店構えもがらっと変えての再出発です。

大きなガラス窓に障子を設え、幅70センチの一枚板のカウンターを中心に据えた、調和のとれた空間。奥には半個室があります。



店主・藤田愛士さんに転機が訪れたのは、3年ほど前のこと。「ワインと日本酒に興味をもったのがきっかけでした。お酒にこだわる飲食店のほとんどが料理への向上心も強く、そういったお店に通ううちに店主の方々とも親しくなり、彼らから影響を受けました」と話します。尊敬するほかの料理人に追随し、藤田さんご自身も料理を追求していくようになり、次第に中央区から訪れるお客が増えていったといいます。「料理を高めるにつれ、居抜きだった店も作り変えたくなり、ならばいっそ場所も変えようと」と、赤坂の大正通りの裏手、周辺によい店が集まるこのエリアに移転を決めたと話します。

食事処というよりも、お酒を主体に料理もあわせて楽しめる店。自然派ワインと日本酒とともに美味しくいただける料理を提供します。

セラーには約160種類の自然派ワイン。1つ1つのボトルに値段とそのワインの情報を明記しています。ボトルは3,000円台からあります。



グラスワインは白3種、赤3種。銘柄は常に変わり1杯810~1,080円です。



日本酒も充実。こちらの銘柄のほか、燗酒向けの銘柄も揃います。



お酒がメインとはいうものの、藤田さんの腕前も見逃すわけにはいきません。「大切にしたいのは『季節感』です」と藤田さん。品書きには、お刺身、煮・蒸し物、炭焼き、肴、肉・魚・旬菜、〆という和食の定石ともいえる項目に沿って、旬の食材を使ったメニューが並びます。内容は日替わりです。

のっけから驚かされた「長芋と梅肉のポテサラ」(518円)。蒸した長芋を出汁で伸ばして作るというポテサラは、とてもなめらか。梅肉の甘酸っぱさと生海苔の佃煮のコクがアクセント。


上の写真は、半分の量を1人前に盛りつけたものです。ほとんどの料理が2人前と想定して作られ、2人客で注文した場合はこの「ポテサラ」のように、1人分ずつ小皿に取り分けてくれます。盛付けや洗うことを考えると、ひと手間もふた手間もかかりますが、個々のペースを大切にしたうえでの心配り。1人客には1皿を半額で、3人客だと1.5倍の量を3皿で出すなどの配慮もしてくれます。

「ガリとトマトジュレかけ」(518円)。トマトのお浸し、甘酢漬けのガリ、そして土佐酢のジュレ。キンキンに冷えたトマトと酢の酸味が、暑さでうだった身体に心地よい刺激を与えてくれます。このトマトがまたフルーツのように甘いのですが、「使うのはふつうのトマト」と藤田さん。これこそが、技。こちらも2人客の場合、2等分して皿に盛ってくれます。



「蛤とトウモロコシの茶碗蒸し」(626円)。非常に口どけのよい茶碗蒸しと、シャキシャキコーンの絶妙なバランス。中にはぷりとしたハマグリが。こちらは分けられないので1人1品ずつの提供になります。


上品な甘味と旨味の餡をいただきながら、これまでいただいた3品はすべて出汁が特徴的だと気づきました。聞けば、食べ歩きが好きで、東京や京都も頻繁に訪れているという藤田さん。出汁を使う料理は京都で出合った料理を参考にすることが多いそうです。

「和牛と新ジャガとドライトマトのきんぴら」(626円)。酸味、甘味、辛み、旨味とそれぞれの食材が主張しつつも、最後に一体となって舌に馴染みます。日本酒に合う一品です。写真は2等分して1人前に盛りつけたもの。



「里芋オクラまんじゅう」(1ヶ 518円)。里芋の味がしっかり伝わってくるのは、蒸した後に長時間出汁に浸すという工程によるもの。オクラの食感の出し方もお見事。



このように小皿でちょこちょちょこと、いろいろな料理を、しかもお手頃に楽しむことができます。それにしてもいずれも創意工夫を感じるものばかり。「ほかの店でも食べられるものは出したくなくて」と藤田さん。しかも旬にこだわるため、料理を考案・完成し終える前に時期を逃してしまうこともあったりするとか。ソフトな人当たりの藤田さんですが、内に秘めたる姿勢はとてもストイックです。


福岡の食通たちから一目置かれる店の仲間入りを果たすのは時間の問題。「回転させることよりも、ゆっくりとお酒を楽しんでほしい」という藤田さん。カウンターとテーブル合わせてわずか13という席は、早くも争奪戦となりそうな予感がします。ちなみに、日曜日は14時からオープン。昼間から美味しくお酒をお楽しみあれ。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

赤坂あきちゃん

住所 福岡市中央区赤坂1丁目7-23 弁護士ビル1F
TEL 080-3223-5488
営業時間 18:00~翌3:00(日曜は14:00~21:00)
定休日 月曜
PAGE TOP