グルメ | 新店舗オープン

美味いものをより美味く。料理もお酒も工夫を凝らして多彩に展開

2018年07月03日 12:00 by 木下 貴子

中央区役所の明治通りを挟んだ向いにある、一方通行の路地。お酒好きが吸い寄せられる飲食店がぽつぽつ並ぶこのエリアに、串焼きとクラフトビールを二大看板にさまざまな料理とお酒が楽しめるバル『つぼみ菜』が新しく加わりました。

シャンボール大名という大きなマンションの1階。




すっきりとデザインされた店舗。ゆったり過ごせるように、テーブル席は隣との間を広めに配置してあります。



料理を手掛けるのは店長の八垣隆峰さん。長年、各方面にて料理人として活躍してきたそのネットワークを生かして、独自のルートでいい素材を相場よりも安く仕入れ、多彩な内容で提案します。

看板の串焼きのなかでもイチオシは、「自家製つくね7種盛」(1,382円)。ふわふわに仕上げたつくねをいろいろな味で! 右から天草の天然塩、月見つくね、イタリアン、明太マヨネーズ、バジルガーリック、チェダーチーズ、ネギおろしポン酢。シェアしてもいいけど、一人占めもしたい……。単品は各194円です。



チェダーチーズは写真のように目の前でチーズを削ってくれるので、香りが立ちます。その香りに触発され、7種の中で最初にコレを食べる人が多いのだとか。



王道の串焼きももちろん取り揃えています。脂の甘味が特徴の「糸島豚の串焼き」(194円)、柔らかくジューシーな「鹿児島桜鶏もも串」(162円)など、素材も吟味。



ヘルシーな野菜串も充実。「糸島豚とアスパラの一本巻き」(302円)、「ピーマン」(108円)など。




魚市場で働いた経験ももつ八垣さんは、目利きにも自信あり! 店では鮮魚のお造りなども出しています(魚の種類は日替わり・時価)。



19時からの提供にあわせて夕方から焼き、常温で寝かせる「愛情 ローストビーフ」(626円)。冷蔵保管をすることがないため発色も美しく、そして柔らかい!



食べ応えたっぷりの「ソーセージ5種&ポテトフライ」(1,058円)。



これまた大きな海老を使った「大海老のケイジャン鉄板焼き」(626円)。



素材よし、量もたっぷり。それでいてリーズナブルな価格帯。このコストパフォーマンスのよさこそ、八垣さんが培ってきた仕入れ先とのつながりの深さを表します。

その料理に負けず劣らず力を注ぐのが、お酒です。とにかくご自身がお酒が大好きというだけあって、お酒好きの心をがっしり掴む工夫も随所にみられます。

メニューの筆頭に上げているクラフトビール。エール、タイプの異なる4種類の生ビールを随時入れ替えながら提案。「最近クラフトビールは注目されてきてますが、もっと認知度を高めたい」と、価格を1杯561円に押さえてあります。また、写真のように4種の飲み比べセット(842円)も用意。まずはこちらを注文し、次にお気に入りを頼むというのが賢い飲み方かも!?



実はふつうの生ビールにもひねりが。「クラフトビールと同じ価格ですが、こちらはまず量で勝負」と、通常のグラス(左・500ml)よりも大きなサイズにて提供。さらにタンクごと冷蔵し短い管で注ぐためほとんど劣化がないとう特殊なサーバーを使っているため、とにかくフレッシュ!「工場とほとんど同じ状態で味わっていただけます」と自信たっぷり。ほんと、お好きなのがにじみでています。



もう一つ珍しいのが、いま人気のレモンサワー用の焼酎をボトルキープできること(2カ月)。「タカラリッチ」を1本1,620円で購入し、あとは冷凍レモン216円、炭酸水216円、ハイサワー410円などお好みのセットで楽しめます。



ワインはグラス410円、ボトル1,944円~。日本酒、焼酎も種類が揃います。



ビールから徹底して美味しいものをだそうという八垣さんの姿勢から、メニュー全体へのこだわりが伝わってきます。まずは、その特殊なサーバーで注ぐ生ビール一杯からそれを感じてみませんか?といいたいところですが、クラフトビールも捨てがたい……。つまるところ、いろいろ試し楽しむことができるお店です。

なお、ランチもやっていて、「チキン南蛮定食」(842円)、「大漁海鮮丼ランチ」(1,380円)などこちらも多彩に展開しています。



 

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

CRAFT BEER & 串焼きバル つぼみ菜 Tubomina

住所 福岡市中央区大名2丁目10-2 シャンボール大名1F
TEL 092-739-5111
営業時間 11:30~13:30/17:00~22:30(LO22:00)
定休日 日曜
PAGE TOP