グルメ | 新店舗オープン

近所にあったらいいな。と感じる、アットホームな洋食酒場

2018年06月30日 12:00 by 木下 貴子

薬院のマンションが立ち並ぶ裏通りにオープンした『コモン オカズータ』は、長年関東で料理人として腕を振るってきた店主・岡崎さんが独立して始めた洋食酒場です。岡崎さんはもともと福岡のご出身。「いずれは福岡でと考えていましたし、また飲食の激戦区である薬院で認められればどこでも通用するはず」とこの場所での勝負に挑みました。

「バルとかイタリアンにすると気軽に入れないように僕自身が感じるので、酒場にしました」。若い人から年配の方まで気楽に利用してもらいたいと話します。ですから、店構えも明るい印象に。また、お一人様も来やすいようカウンター席も多めに用意されています。




和食・洋食の料理人、さらにはバーテンダーの経験もあるという岡崎さん。料理もお酒も、カジュアルなものから本格的なものまで幅広く、種類豊富に提案します。

早くも一番人気のメニューに鎮座した「牛すじトマト煮」(810円)。トマトと数種の野菜だけで仕込むトマトソースで煮込んだサーロインのすじは、コラーゲンがぷりぷりトゥルン。なめらかなソースの甘さと、牛の甘味と旨味を感じるたまらない一品です。



ほかにも「本日のキッシュ」(540円)、「牛ヒレ肉のゴロゴロ煮」(1,620円)のような気になる料理や、アヒージョ、パスタなどメニューが並ぶなか、名物の「オカズータ盛り」を作っていただくことにしました。

ほどなく、キッチンからジュージューと音がして、いい香りが漂ってきます。ちょっとお行儀悪くも、カウンターからキッチンをのぞきこんでみると……ん? なんか、まな板のような木の皿が……。

果たして目の前に現れたそれは、数種のグリル肉が乗った迫力の一皿!



写真ではいまいちスケール感が伝わらないかもしれませんが、テーブルの半分は占める大皿です。



A4~5ランクの高級和牛。グリル料理を得意とする岡崎さんの、肉の旨味を逃さず、かつ柔らかく仕上げる腕はお見事。



自家製の鶏塩ハムは、肉の風味をしっかり感じられる優しい塩加減。こちら単品メニューでも人気の一品です(単品324円)。



そのほか、ネギ油で皮目をパリッと香ばしく焼いたグリルチキン、大人の男性の掌よりも長い大きなソーセージ、それにフライドポテトまで乗った「オカズータ盛り」は5,400円。4人くらいで十分シェアできます(なお、写真ではソーセージは1本ですが、実際は2本乗っています)。

一方お酒は、ビールにワイン、焼酎、日本酒などひととおり揃うなか、イチオシは「極生レモンサワー」(702円)。秘伝のオリジナルレモンシロップを使い、フローズンレモンを削ってトッピング。



ワイングラスで供するため見た目もエレガントですし、なにより口元に運んできたときのレモンの香りが豊か。なお、さらにワンランク上の「匠レモンサワー」をただいま開発中だそう。これまた興味が引かれます。



ウイスキーも充実。バーボン、スコッチ、ISLAYモルトなど取り揃えます。1杯594円~。



「食事どころとして、あるいは会社帰りに一杯立ち寄る酒場として、いかようにもご利用していただきたい」と岡崎さん。仲間内でパーティしやすいようにと貸し切りもチャージなしまた16時から18時まではハッピーアワーとして生ビールやグラスワインなどが324円、簡単につまめるおつまみ系のメニューを324円から用意しています。

明るい店の雰囲気、誰でもウェルカムな岡崎さんの姿勢、それに経験に基づく料理の腕前。ご近所の方が見逃すはずはなく、早い時間帯から小さなお子様づれからご年配の夫婦まで、いろんな人たちが集っています。ローカルの人たちだけに楽しませておくのはもったいない。ぜひ、天神中心部からも足を運んでみてください。

 

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

COMMENT OKAZ-TA(コモン オカズータ)

住所 福岡市中央区薬院2丁目5-36 コープ野村1号
TEL 050-6866-5842
営業時間 16:00~23:00LO
定休日 不定
PAGE TOP