グルメ | 新店舗オープン

気安く飲め、美味しく食べられる。『大名へて』の底力を感じる3号店

2018年06月12日 12:00 by 木下 貴子

押しも押されもせぬ人気店「大名へて」の3号店が誕生しました。本店の斜め道向かいという近距離にできたので離れのような店かと思いましたが、変化球。こちら、煮込みと赤身馬刺しを二大柱に、和食と日本酒をしっぽりと、しかし気軽に味わえる小料理屋的なお店です。「『大名へて』も8年目を迎えました。これまでとはまた違う、新しい『へて』を楽しんでいただきたくて」と総括店長の大坪丈倫さんは話します。

店はわずか9坪の小バコ。椅子はゆったり目に配置し、立ち飲みもできるスタイルです。ちなみに椅子は譲り合い。「女性のお客様には優先的に座っていただけるようにしています」と大坪さん。お、レディーファーストですね!


奥にはコンパクトながらも座敷もありました。4人ぐらいまで座れそうです。


カウンターでは「もつ煮込み」がコトコト。スジ、アキレス、丸腸、センマイ、ハツを一串にして、赤味噌ベースの「赤もつ煮串」と白味噌ベースの「白もつ煮串」(各1本248円)として提供されます。味噌が染み込んだ旨みたっぷりのもつ。まずビールとともに頼みたい。



『大名へて』が高い人気を誇るのは、やはり料理の美味しさ。こちらの店も「雰囲気は酒場ですが、料理はきちんとしたものをお出しします」と大坪さん。

看板メニューの一つ「赤身馬刺」(756円)は、久留米から仕入れた新鮮肉を使用。冷凍肉ではないため厚めにスライスされており、その食感と味は抜群かつ値段もびっくり!



旬の魚を6~7種類をサイコロ状にして美しく盛りつけた「博多海鮮宝盛り」(734円)。この日は、アナゴ、マグロ、アジ、イカ、サーモン、イクラと贅沢盛り。海苔で巻いて口に一度に頬ばると、至福の波が押し寄せます。



オススメの「肉豆腐」(702円)。こちら、一般的な肉豆腐とは次元が違いました。肉と豆腐を一緒に煮込むのではなく、なんとカウンターの出汁でしゃぶしゃぶした肉を煮豆腐に乗っけるのです。

しかもこの肉、佐賀牛のサーロイン。なのにまたもや、びっくり価格! 肉の上にトロリとかかっているのは鶏の希少部位「ちょうちん」。



ほかにも魅惑のメニューがたくさん。小バコゆえ厨房もスペースが狭いので、メニューは数種類かと思っていましたが、やはり『大名へて』の力は侮ってはいけませんでした。



ドリンクは日本酒が中心。品書きには季節の日本酒が8種類並びますが、本店では約20種類の日本酒を提供しているので、リクエストすればそちらの日本酒も注文できます。さらに注目なのが、日本酒を超炭酸で割った「SAMURAI BALL」(648円)! スパークリングワインのように喉越しよく日本酒が楽しめるという、目からうろこのアイデア。甘口の日本酒6種類から選べます。写真は、大坪さんイチオシの「万作SAMURAI BALL」。



素材にこだわり、料理人の腕にこだわり、さらにアイデアも満載。『大名へて』の新しい魅力に、またもやたくさんの人々の心を掴んで離さないことでしょう。なおこの夏、今泉にさらにもう一つ系列店を、それもシフォンケーキの専門店をオープンするとのこと。そちらも注目せずにはいられません!

↑スタッフもフレンドリー!(右が大坪さん)

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

煮込みと赤身馬刺し 大名へて

住所 福岡市中央区大名1丁目3-32 1F
TEL 092-762-6820
営業時間 18:00~翌1:00頃
定休日 不定(6月いっぱいは月・火曜)
PAGE TOP