ファッション | ビューティ | まち

海外旅行好きが高じて案内役に。着物&浴衣で博多の街を歩くプランが、外国人観光客に大人気!

2018年06月07日 21:00 by S子

ここ数年で、福岡には目に見えてわかるほど海外からの観光客が増加。と同時に、「もっとこの街を楽しんでほしい!」と感じている地元っ子も多いよう。今回ご紹介するMikaさんもそのひとり。

もともと眼科の検査技師として活躍していたMikaさん。海外旅行が趣味で、休みのたびに出かけるうちに「英語をもっと学びたい」と考えるように。そこで2016年に仕事を辞めて4ヶ月間のフィリピン語学留学へ。期間中は、朝から晩まで“英語漬け”の日々を過ごし、さらにその後の2ヶ月間はヨーロッパのマルタ共和国に滞在し、学びたての英語を存分に使いながら旅を楽しんだそう。

そして帰国。ちょうどご主人が中洲に自身のサロンを開くことになり、その受付業務を手伝いながら「自分にできること」を模索していたというMikaさん。「できればせっかく学んだ英語を生かしたい」と思い着いたのが、大好きな博多の街案内。さらに喜んでもらえるには?を考え、約半年間、着付け教室に通って着付けをマスター。着物や浴衣、帯を少しずつ手元に揃え、2018年2月、Airbnbにて「着物で中洲のフォトジェニックスポット巡り」というプランをアップしたのです。

「ちょうど、福岡でも『Airbnb』の体験コンテンツがスタートしたタイミング。ラッキーでした。実は自分でHPを作って…とも考えていたのですが、時間もかかるし、情報を知ってもらうのにも苦労したと思うんです。でもAirbnbにプランを掲載できたことで、世界中の方に見てもらえて、アップしてすぐにオファーが。”ついに始まるんだ”とワクワクしました(笑)」。

それから約3ヶ月の間に、アメリカ、カナダ、フィリピン、マレーシア、シンガポール、台湾、ドイツ、スロバキア…と、世界各国から次々にオファーが。利用者からの評判も上々で、その輪はさらに拡大中。

ということで今回、その気になるツアーに同行させてもらいました!

当日、待ち合わせ時間に中洲川端駅まで向かったMikaさん。やってきたのは、現在、釜山で働いているというカナダ出身のキャシーさん&ケイトリンさん。博多を訪れるのは今回が初めてで、4日間の旅行中、本日は3日目とのこと。Mikaさん、早速英語で迎えます。

そこから徒歩約5分の場所にあるサロンへ。入口に建てられたウエルカムボードに名前を見つけた2人は大喜び!

サロンでは、Mikaさんのご主人、そしてアシスタントさんが出迎えてくれました。

まずはヘアスタイルのイメージを相談。ipadを使って、好みのスタイルを見つけていきます。

さらに着物&浴衣のセレクト。好きな色をヒントに、Mikaさんがセレクトしてくれます。ちなみにこの日は気温もぐーんと上がった夏日。ふたりは浴衣の中からお気に入りのものをチョイス。

選んだら、早速着付けです。着付けながら、Mikaさんは浴衣の特徴や着方などの説明もプラス。

一方のケイトリンさんはヘアセット中。その手元には、Mikaさんお手製の「博多ガイドブック」が。

中を開くと、博多の観光名所や名物料理、その楽しみ方がMikaさんの視点でまとめられていました。こちら、体験者全員にプレゼントしているそう。

そしてケイトリンさんのヘアも完成!着付けが終了したキャシーさんとチェンジします。

ジャーン、完成です!ふたりとも、それぞれにピッタリの浴衣に身を包んでとってもお似合い。

浴衣を着たふたりは、Mikaさんの案内で博多の街へと繰り出しました。上川端商店街では、100円ショップなどにも興味津々だったふたり。

博多の総鎮守、櫛田神社も訪れました。※神社を訪れる際、撮影する際は節度を持って行ってください。

水舎で手や口を清め、参拝。

おみくじも引いて楽しみました。なんと!お櫛田さんの境内には、英語版のおみくじもあるんですよ。

さらに3人は、櫛田神社すぐそばの、博多町家ふるさと館へ。博多の歴史や文化、伝統工芸品について触れられる場所で、2人はMikaさんの説明に真剣に耳を傾けていました。

その後は再び上川端商店街へ戻り、川端ぜんざいひろば(この日は残念ながらお休み。営業は金、土、日、祝日)で、飾り山笠を見学。記念撮影を楽しみました。

約2時間半にわたり、博多の街遊びを楽しんだふたり。「今回、旅行が決まってAirbnbでこのアクティビティを見つけたのですが、同世代の女性が、等身大の視点で街を案内してくれたところがとっても良かった。着物や浴衣の違いや着方などについての質問にもしっかりと答えてくれて嬉しかったです(キャシーさん)」「博多の文化に触れられて楽しかった。Mikaは最高のホストでした。また博多を訪れたい!(ケイトリンさん)」と、それぞれ大満足だったよう。Mikaさんも、「英語も着付けもますますブラッシュアップさせて、これからも外国の方々に喜んでもらえるサービスを目指します」とのこと。多言語放送局として海外と福岡との架け橋を目指すラブエフエム発「天神サイト」も、応援しています!

Mikaさんのツアーページはこちらからチェック!

https://www.airbnb.jp/experiences/169523?_branch_match_id=510720749747012539&s=51

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む


プレイス情報PLACE

SET SALON Nakayama

住所 福岡市博多区中洲2-7-9

グーグルマップで開く

PAGE TOP