ショッピング | ファッション

ファッションの街・福岡に、新たな超必見スポットが誕生!!!

2018年07月07日 21:00 by simoonu(シモーヌ)

天神に遊びにきたら、どのお店に行くべき?
よく周りから聞かれる質問に、「ここでしょう!」とガツンと自信を持って答えたいスポットができました。特に男性のみなさんには、強くおすすめしたいお店です。

お店は天神から一歩離れた平尾にあり、薬院駅から徒歩5分圏内の場所。大通りから一歩入ったエリアだからこそ、“おっ、見つけたぞ”という穴場感があって、この距離感が逆に心地いいのです。

オーナーは植村浩二さん。名前を見て気づいた人もいるかもしれませんが、そう、植村さんは今泉で『PARQ(パーク)』というメンズショップを長年展開してきた、福岡のファッションシーンに欠かせない重要人物の一人。セレクトショップからスタートし、5年前からオリジナルブランド〈thinq〉〈fit〉を立ち上げ、自身のブランドはもちろん、モノとヒト、そしてヒトとヒトの間に立ち、ファッションやカルチャーを実直に発信してきた方。今や全国で注目を集める、九州のプロダクトを集めた合同展示会「thought」の発起人の一人でもあります。

そんな植村さんが『PARQ』創立12年を迎えるにあたり、自身の“第二章”と新たな歩みに選んだのが、この場所。
発信していく中で大切にしている「A.D.A.N(ALL DAY ALL NIGHT)」=いつでもどこでも
着てもらいたいモノを提案したい、というコンセプトのもとに生まれた、言わば自身のスローガンでもあるこの言葉を店名に掲げ、『PARQ by A.D.A.N SHOP』としてリニューアルオープンしました。

「少し大人になった僕らがたどり着いたのが、今ここにある洋服たちです。シンプルかつインパクティブな中に機能するデザインを求めた洋服たち。人の顔、身体に溶け込むように着心地やシルエットにこだわり、『そうそう、着たい服ってこういうことだよね』と実感してもらえる服を作っています。先入観なしにフラットに選んでほしいですね」と植村さん。
以前お店を構えていた賑やかな今泉から、ゆったりと落ち着いた雰囲気の平尾に場所を移したことで、アイテムの魅力をしっかり見据えられるようになりました。情報に左右されず、自分の好きなテイストや直感に正直にいられる空間。


〈thinq〉はファッションを考える楽しさを実感できるブランドで、シーズンコレクションを中心に構成。機能美と創造性で構成されたアイテムが、大人の好奇心をくすぐります。

〈fit〉も植村さんの代表的ブランド。心地よさや見た目など「(自分に)フィット」する感覚と、「Fashion Is Try」というメッセージを込めたラインナップ。新たな普遍性とともに、ファッションへのアクティブさを誘発する一着です。

新店舗の店名にも掲げている〈A.D.A.N〉ラインは、「ALL DAY ALL NIGHT」=いつでもどこでも、がテーマ。いろんな服がある中で、ついつい手が伸びていつも着てしまうようなオールラウンダー的アイテムを取り揃えています。〈Champion〉のカットソーは、アメカジを原点に、服を好きになるきっかけを与えてくれる普遍的なUS規格を採用。そこに第二章のテーマ「ANYTIME FOR YOUR MIND」=「いつでもあなたを夢中にさせる」というメッセージを同系色で施したオープン記念限定製品です。

オリジナルトートバッグは、上部以外に、フロントの中央にも取り出し口を設けられているから、パッと出し入れしやすくて超便利!

名前から商品の良さが伝わる〈着もちいい服〉。県外からも反響が大きいオリジナルブランドで、着心地も気分もルックスも、すべてがコンフォート。実はこの〈着もちいい服〉の全商品に共通している点があり、どのトップスも前身生地が二重仕様になっていて、気になる肌の透け感などの難点を克服しているんです。心地よい生地感も一度袖を通したらヤミツキになるはず! ちなみに、定番サーマルのアイテムカラー“ネイビー”は九州のみの限定展開で、〈着もちよか服〉というネーミングにアレンジしています。

そして意外と知られていない事実。今や全国的に人気の〈AZUMA〉バッグは、植村さんのブランドなんですよ! 風呂敷を縫い合わせてハイブリット化させたトートバッグで、東京の有名なクラフトバイヤーも色違いで愛用しているそう! これは女性もユニセックスに持てて、さらに幅広い年齢に使える名品です。

また目玉として紹介したいのが、新店舗のタイミングでPARQの一員となった勝部幹夫さんが展開する〈TRAINER BOYS〉のアイテム。もともと勝部さんがビンテージのスウェットをリメイクしていたところを植村さんがブロダクト化し、新しい概念の日常着として提案。一着一着にストーリー性を持ち、アイコン的なタグはUSサイズ表を記していて、“古き良きものを知り新しき解釈をする”ことへの想像から生まれたユニークなものとなっています。フロントとバッグで異なる生地を貼り合わせたデザインもめちゃくちゃクール!


リニューアル後、さらに感度が高まり、見応えがアップしたものの、決しておしゃれさんしか行けない雰囲気ではなく、「何かいいものがあるかな」と好奇心で覗ける間口の広さも、新店舗が持つ好ポイント。

なんと古着も取り揃えているんです!「JAPAN BLUE」と題し、厳選されたネイビーカラーの古着が3メートルものラックにずらり。言われないと気づかないくらい、新品の服たちと馴染んでいるし、ブランドアイテムと古着が共存しているのは珍しいかも! 

また、〈LIXTICK〉のファッション性の高い雑貨も販売。ライターやソックス、キーホルダー、ピルケース、フレーバー付き爪楊枝など、思わず手に取りたくなるライフスタイル小物が手頃に揃うのも嬉しいですよね。

〈Klean Kanteen〉の別注タンブラーは、ダブルウォールの真空断熱材を搭載した保温保冷ボトル。普段にはもちろん、これからのアウトドアシーンに活躍する逸品! シンプルかつインパクティブなデザインに一目惚れした人は売り切れる前にお早めに!

 


「服好きだけじゃなくて、いろんな人に伝わるモノを作り続けたいですし、それらを繋げる店でありたいです。レコード屋感覚で覗いてもらって、こんなのあるんだ、とか、たわいもない会話を楽しめるようなフランクな場所であれたら」と植村さん。今もこれからも頼れるアニキ的存在で、上質な服・気持ちいい服・おもしろいものを私たちに真っ直ぐ届けてくれるでしょう。

 

純粋にショッピングを楽しみながらも、このお店のアイテムとの出会い、はたまた植村さんや勝部さんとの会話の中で、自分の新しい価値観を呼び起こすきっかけまで見つかりそうです…‼︎

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

PARQ by A.D.A.N SHOP

住所 福岡市中央区平尾1丁目4-7 土橋ビル1A
TEL 092-406-6671
営業時間 12:00〜21:00
定休日 なし
URL http://www.parq-fuk.jp
PAGE TOP