イベント | アート

キンコン西野亮廣作の絵本「えんとつ町のプペル」原画展に行ってみた!

※このイベントは2018年5月14日(月)をもって終了しました。

2018年04月18日 19:00 by 筒井あや

お笑い芸人キングコングの西野亮廣作の絵本「えんとつ町のプペル」の原画展が、4月19日(木)から福岡パルコ新館5F TheCompany内にて開催されます。

制作に4年半を費やし、2016年10月に発売され、瞬く間に話題となった絵本「えんとつ町のプペル」。この絵本制作にあたり、制作費をクラウドファウンディングで集めたことでも話題になりました。

今回の展覧会は、クラウドファウンディングで企画開催権を得た全国の支援者による開催です。福岡でその権利を獲得したのは、福岡県在住の平田創士さん。平田さんは医療関係の仕事に従事しながら、ご自身でもアーティスト活動をしています。

今回の開催について
「普段、仕事で病気で落ち込んだ患者さんに接する機会が多いのですが、病気だからとあまり外に出たがらない患者さんもいます。でも外に出て、こういう作品に触れることで元気になってもらいたい。この作品は、夢を諦めた人たちと夢を諦めなかった人が描かれた物語です。医療に従事していると、病気だからとネガティブな心になってしまい、夢を諦めている方にたくさん出会います。病気をネガティブに捉えるのでは無く、一歩外に出ていくきっかけを作りたい、そして元気になって欲しい。そういう思いもあり、今回の企画開催に手をあげました」と開催のきっかけを語ってくれました。

この物語は「夢を語ること」を閉ざしてしまった人たちに向けて書かれた物語。作家の西野さんは、この絵本に書かれている「えんとつ町」は、現代社会だと語っています。夢があるのに、世の中のあきらめムード的な流れに負けてしまった人たちに、夢を持って一歩踏み出してみて欲しい。そして、それをクラウドファウンディングという方法で自身で実現し、全国で展覧会を開催できるまでに大きくしています。

そして驚くのは、見事なほどに精緻に描かれたイラスト。西野さんがキャラクターや設定を企画し、制作には多くのイラストレーターと共同で作り上げた絵本です。この絵本一冊分の原画が、会場には展示されています。

夢を諦めた人も、夢に向かう途中の人も、そして夢を探している人も、この絵本と出会うことで、何かが見えてくるかもしれません。

会場では、絵本「えんとつ町のプペル」はもちろん、西野さんの過去の作品やポストカードなども販売されます。

「えんとつ町のプペル展」は、4月19日(木)〜5月14日(月)まで、福岡パルコ新館5F TheCompany内にて開催。

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

えんとつ町のプペル展in福岡EVENT

会場 福岡パルコ 新館5F
期間 2018年4月19日(木)~2018年5月14日(月)
時間 10:00〜20:30(最終入場は20:00)
料金 大人600円、高校生300円、中学生以下無料(中学生・高校生は学生証提示)
イベント公式URL http://fukuoka.parco.jp/page2/event/14619/
※5月12日(土)13日(日)各日10:00〜12:00は、病院や施設などに入院・入居されている方や家で療養されている方へ限定の特別ご招待時間とさせていただきます。当日の一般公開は12:00〜20:30となります。

プレイス情報PLACE

福岡PARCO

住所 福岡市中央区天神2丁目11−1
TEL 092-235-7000
営業時間 10:00〜20:30
定休日 なし
URL https://fukuoka.parco.jp/
PAGE TOP