グルメ | 新店舗オープン

"おそめランチとはやめビール" も! 空間も蕎麦も進化した「コチソバ」へ

2018年04月18日 12:00 by 森 絵里花

ファンのみなさま、お待たせしました。長らく改装中だった『コチソバ』が、3月17日(土)にリニューアルオープン! 空間もメニューもぐんと進化して帰ってきました。

場所は変わらず、西鉄福岡(天神)駅の側にある西鉄今泉ビルの1階。訪れるとオーナーの高田華世さんが出迎えてくれました。しかし、以前の『コチソバ』をご存知の方は「あれれ?」と思ったはず。そう、これまでは、入口がビルの中にありましたが、今回の改装でビックカメラの対面側にも新たな入口が完成。店内へ入るとご覧の通り。ビルの中にある旧入口はそのままに、空間は以前の倍の広さとなりました。

営業時間は11:00〜23:00(OS22:00)の通し営業になり、蕎麦はもちろん、その他のおつまみメニュー、アルコールも終日注文可能。“おそめランチとはやめビール”もできる、さらに使い勝手のいいお店に生まれ変わりました。

※ランチタイム(11:00〜14:00)間のつまみ・一品メニュー提供は一部制限あり。

厨房に面した場所には、高田さんをはじめ、スタッフのみなさんが迎えてくれる居心地のいいカウンター席が。

カウンターの対面には、スタイリッシュでゆったりとくつろげるテーブル席があり、最大3名で利用できる「小上がり個室」と、最大5名で利用できる「小下がり個室」(写真)も登場しました。

さぁ席に着いたら早速、自慢の十割蕎麦をオーダー。リニューアルしたのは空間だけではありません。こちらは、新登場の「そぼろ丼セット」(950円、ランチタイム900円)。

新装開店にあたり、使用する蕎麦粉も一から見直し。現地まで足を運び厳選したという、秋田・青森県十和田産の蕎麦粉を使用しています。従来使用していた蕎麦粉に比べて香りが増し、味わいにもさらに深みが出たそう。

店内で打ち、茹でたてを提供する『コチソバ』の十割蕎麦は、十割ながらもツルッと滑らかな舌触りが特徴で、噛めばモチモチ! コシの強さもしっかりとあり、噛むほどに広がる蕎麦の香りがたまりません。風味よい蕎麦つゆでいただく「もりそば(冷)」に加え、毎朝丁寧にとる香り高い出汁で味わう「かけそば(温)」も選べますよ。

こちらの「そぼろ丼」は、旨味たっぷりの鶏モモ肉を使用し、蕎麦に合うよう調味してあるそう。しっかりと炊き込まれたミンチですがくどさはなく、肉の食感もいい塩梅。ついついかき込む手が止まらなくなってしまいます。

この他、天ぷら盛り合わせ、特製カレー、とろろ飯、サラダと、蕎麦とのセットメニューも多彩。「博多明太とろろ」や「キムチカルビ」といったオリジナリティ溢れる蕎麦もあり、アレコレ目移りしてしまいそう。

さらに、進化した『コチソバ』のもう一つの魅力は“蕎麦呑み”。お蕎麦屋さんで呑むって粋でかっこいいけれど、高級店だとちょっと敷居が高い気もしますよね。でも、カジュアルな『コチソバ』ならその心配はナシ。まずは、旬素材や仕入れ食材で作る一品が登場する「本日のおすすめ3点盛り」(680円)をお供に乾杯! 写真は、アジフライ、ホタルイカの酢味噌和え、ほうれん草のお浸し。どれもいいお味でビールがぐんぐん進みます。

こちらはゴマサバならぬ「ごま鶏」(480円)。新鮮な鶏のタタキを特製のタレに絡めた人気メニューです。プリッとした鶏の食感とタレの味わいは、焼酎との相性も抜群。

蕎麦屋のつまみの定番「板わさ」(580円)は、日本酒と楽しむのもいいですね。日本酒はグラス500円、1合800円とこちらもお手ごろ。福岡「三井の寿」や熊本「花の香」から、山口「東洋美人」や秋田「一白水成」など、季節や仕入れによりさまざまな銘柄が揃います。

メニューには一品料理や蕎麦、天ぷら盛り合わせなどがセットになったコース(2500円〜)も用意。気軽なちょい呑みから宴会まで、シーンに合わせて楽しめますよ。

「本格的な十割蕎麦や蕎麦呑みは敷居が高いイメージ……という方でも気軽に立ち寄っていただける店造りを心がけています。蕎麦の楽しさや魅力を知っていただくきっかけになれたら嬉しいな」と華世さん。天神でのランチや小腹が空いた時はもちろん、ちょい呑みや蕎麦呑みデビューをしたい方はぜひ、『コチソバ』を覗いてみてくださいね。

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

コチソバ

住所 福岡市中央区今泉1丁目12−23 西鉄今泉ビル1F
TEL 092-716-3177
営業時間 11:00〜23:00(OS22:00)
定休日 不定
URL http://www.coccisoba.com/
PAGE TOP