グルメ | 新店舗オープン

芳醇なWスープと醤油が冴え渡る!中華そば&支那そばの新鋭が清川に誕生

2018年04月04日 12:00 by 森 絵里花

今から約18年前の薬院で、惜しまれながら閉店した中華そばの名店「中華そば 信兵衛」。「ファンの間で今や伝説となっているあの味を、なんとか復刻したい」。そんな思いで誕生した一軒のラーメン店があります。

2月20日(火)、清川に開店した店の名は『中華そば ふくちゃん』。場所は、料亭「三光園」や「ラーメン海鳴 清川店」が並ぶ裏通り。そっと中へ入ると、真剣な眼差しで厨房に立つ店主・福田秀雄さんの姿と芳しいスープの香りが飛び込んできました。

福田さんは、実は「信兵衛」の大将の甥にあたる人物。「当時は厨房に入り店の手伝いをしていたものの、学生のバイト感覚でしたし、自分の別の夢もありました。“店を継いでくれ”という話は断り、一時上京したんです。しかし、時が経つにつれて、やはりあの味が忘れられませんでした……。“叔父がなぜあんな作り方をしていたのか”、今一度ラーメン作りを一から学び、理解した上で、いつか自分も信兵衛の味を目指そう。そう決意したんです」。

そうして帰郷した福田さんは、福岡の有名店にて10年にわたり修行を積み、この度ついに独立。『中華そば ふくちゃん』では、「信兵衛」同様に、「中華そば」と「支那そば」2種のラーメンを味わうことができます。

2種のラーメンは、ベースのスープと麺は同様で、使用している醤油ダレのみが異なります。基本のスープは、豚骨と鶏ガラを静かに炊き上げた「動物系」と、昆布・煮干し・サバ節を使った「魚介系」を合わせたWスープ。それを、「中華そば」なら薄口の醤油ダレ、「支那そば」なら濃口の醤油ダレと合わせています。

「信兵衛」はやや平たい手打ち麺だったそうですが、『ふくちゃん』では現スープとのバランスを考え、老舗製麺所「張源洋行」謹製の中太ちぢれ麺を採用。ツルッとしたのど越しで、モチモチとコシのある食感が特徴です。

まずは、「信兵衛」の味にインスパイアされた「中華そば」(650円)を実食。トッピングは低温でしっとりロゼ色に火入れした大判の特製のチャーシューと柔らかな食感の穂先メンマ、白ネギ。+100円で半熟煮玉子のトッピングもできます。

細やかな脂がきらめく黄金色のスープを一口すすると、上品な魚介の香味と雑味のない旨味が、舌にじんわりと染み渡ります。「叔父は元々うどん職人で、出汁には相当のこだわりがありました。この中華そばは、その出汁の美味しさを活かした一杯です」と福田さん。確かに、うどん出汁のような優しさと滋味深さがあり、飲んだ後や二日酔いの日にも恋しくなりそうな味わいです。

続いては、艶やかなべっこう色のスープが注がれた関東風の「支那そば」(650円)。口に含むと、芳しい醤油の香味がキリリと冴え渡り、後からスープの旨味が押し寄せてきます。同じスープでも、醤油ダレの違いでこれほどまでに変化するとは! いずれも甲乙つけがたい美味しさです。

また、ラーメンのお供には、自慢のスープで炊いた「チャーハンおにぎり」(1個150円)をどうぞ。こちらは炒めず、自慢のスープと具材を加えて炊き込んだ炊き込みタイプ。熱々のチャーハンとはまた違った美味しさがあります。

店内は全14席の小バコながら、入口側に5席のカウンター、奥に9席のテーブル席を用意。夜はおつまみメニューやアルコールも提供しており、気軽なちょい飲みも楽しめますよ。

こちらは、自家製の焼豚をたっぷりのネギと共に味わう「焼豚盛」(600円)。パサつきはなくローストビーフのようにしっとりとした食感と、スッと溶ける脂の甘味がたまりません。

当時「信兵衛」で人気だったおつまみメミューも多数復刻しているそうで、こちらの「ニラもやし」(400円)もその一つ。サッと茹で上げたニラともやしを特製の甘酢ダレで味わいます。散らした焼豚の切り落とし、好みで付けられる豆板醤の辛味もクセになり、ビールが止まらなくなりそう!

開店時、信兵衛の名を出すことに関して大変悩んだという福田さん。

「残念ながら、ラーメンもつまみも、信兵衛のレシピは残っていません。当時の記憶を辿り、そこに自分自信が思う美味しさを重ねて、あの頃の味を追求しました。当時の常連さんからすると“まったく同じ味”とは言えないと思います」。

「しかし自分自身、納得のいく一杯が完成したと自負していますし、何より、日々、信兵衛のファンだったというお客様が来店してくださることが本当にうれしいです。“よくぞ復活してくれた” “待っていました” “美味しいね” そんな言葉をもらう度、信兵衛の名を再び世に出してよかったと思うし、この名に恥じぬよう頑張ろうと背筋が伸びます」。

信兵衛の味を知っている方も、知らない方も、ぜひ味わってみてください。真摯な思いで生み出された芳醇な一杯は、きっと心に残るはず。

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

中華そば ふくちゃん

住所 福岡市中央区清川2丁目1-34
TEL 092-775-9025
営業時間 11:00〜15:00(OS14:30)、18:00〜23:00(OS22:30)、土曜の夜〜25:00(OS24:30)
定休日 月曜(※日曜は昼のみ営業)
PAGE TOP