グルメ | 新店舗オープン

イメージが覆る!? 老舗精肉店が手がけるジンギスカン専門店「羊狼館」が登場

2018年03月27日 12:00 by 森 絵里花

春吉の銭湯「都湯」を曲がった路地先に、レンガ造りの気になるお店を発見。オシャレな外観の雰囲気から、イタリアンやフレンチのお店を想像するも……

正解は何と、福岡随一の部位を取り揃えるというジンギスカンの専門店でした!

「羊を食らう狼のように、夢中になってラム肉にかぶりついてほしい」との想いから、「羊狼館(ようろうかん)」と名付けられたこちらのお店。北九州市門司にある明治36年創業の精肉店がプロデュースしているため、ラム肉の質、味わいには並々ならぬこだわりが光ります。

3月6日(火)に開店した真新しい店内は、実にスタイリッシュ。空間のこだわりは後ほどご紹介するとして、まずは看板の「ジンギスカン」をいただきましょう。

『羊狼館』の仕掛け人は、東京や福岡の有名店で腕を磨いた田中正志さん。イタリアン出身のシェフでありながら、大のラム好きが高じてこの度精肉店の新事業を任されることに。「研究に研究を重ね、ラム肉が苦手な方にも美味しいと言ってもらえるジンギスカンを目指しました」と、自信をのぞかせます。

精肉店ならではの目利きを生かして厳選するのは、生後12ヶ月未満のニュージーランド産ラム。元々臭みの少ないお肉ですが、そこへ企業秘密の下処理・味付けを施すことで特有のクセを抑え、より味わい深く仕上げているそう。

こちらが基本の「ジンギスカン」(1人前1,404円 ※写真は2人前)。ショルダー・モモ肉・バラ肉の3種の部位と焼き野菜がセットになっており、鮮やかな色味からも質の良さが伝わります。

専用のジンギスカン鍋を熱して野菜を敷き詰め、中心でラム肉をサッと炙るように焼きお口の中へ……。焼いている最中も、口へ運んだ後も、特有の臭みは気になりません。広がるのは、柔らかな食感とジューシーな旨味のみ!

出汁と特製の醤油などを合わせた特製ダレも名脇役。サラリとしたタイプで肉の旨味を邪魔せず、サッパリとした後口がクセになります。

ラム肉は低コレステロールな上に、脂肪燃焼効果のある「カルニチン」を多量に含んでいるためヘルシーで健康的。これならいくらでも食べられてしまいそうです(笑)。

オリジナルの焼印が押された名物「羊狼館の塊肉」(M 150g・1,404円、L 300g・2,700円)もハズせません。香ばしく焼いて、ハサミで切って、“狼のように羊をガブリ”! ステーキ感覚で味わうラムは、ジンギスカンとはまた違う食感と味わい、満足感があります。

基本の部位を味わったら、他ではなかなか味わうことのできない、ラムの珍しい部位もお試しあれ。珍味「ハツ」やミルキーな旨味が広がる「タン」(各756円)など、噛むほどにラムの奥深さと新たな美味しさに出会えるはずです。

ほか、「スペアリブ」や「ラムヒレ1本焼き」「つぼ漬けピリ辛ラム」などのジンギスカンメニューに加え、「パクチー爆弾」(写真・864円)や「羊のまる豆腐」(486円)といった一品料理も多数。〆のご飯ものや麺メニューも充実しています。

なかでもイチオシは「ラムちゃん麦たま御飯」(432円)。特製味噌で味付けたラムミンチを熱々のご飯にのせ、その上に鹿児島県産「麹卵」をオン。甘辛い味わいと濃厚な卵黄が絡み、かき込む手が止まりません。

“第4の肉”ともいわれ、東京を中心にブームが再熱しているラム肉ですが、『羊狼館』では「一過性のブームでなく、長く愛してもらえる文化を創りたい」と、味わい以外の部分にも目を向け、こだわりを追及。

そこで実現したのが、大分県の人気ハンドメイドジーンズブランド「キリカブジーンズ」とのコラボです。同ブランドがデザインしたオリジナルのロゴや空間、ユニフォームなど、店内には思わず写真を撮りたくなる“フォトジェニック”なスポットがめじろ押し。

入口のすぐ側には、大分県のフラワーアーティスト「花処 百白花」が手がけるドライフラワーの装飾も。「“何だかオシャレかも?”と、そんなきっかけからでも、ラム肉を食べ慣れていない若い方やラム肉に苦手意識のある女性にも興味をもっていただけたら嬉しいです。羊肉食文化の間口を広げ、多くの人に美味しさを伝えられたら…」と田中さん。

食後には、可愛いフーセンガムをプレゼント。裏のコードは読み取ると「ドリンクチケット」になり、次回の来店の際に使えるという嬉しいサービスも。

“美味しくて、ヘルシーで、オシャレ”なジンギスカンは、これまでの常識を覆すかも? ぜひ気軽に楽しんでみてくださいね。

 

取材・文:森 絵里花
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

ジンギスカン専門店 羊狼館(yorokan)

住所 福岡市中央区春吉3丁目15-25 ラガッツァ春吉 due1-1
TEL 092-791-7470
営業時間 17:00〜24:00(OS23:00)
定休日 水曜
URL http://yorokan.jp/
PAGE TOP