グルメ | 新店舗オープン

魚に信頼おけるあの店が、2号店をオープンしての新展開

2018年03月28日 12:00 by 木下 貴子

新鮮な海鮮料理で評判の親富孝通りにある『魚けん』が、薬院に新店舗をオープンしました。「本店とは、また違った魅力をお届けしたい」と大将の松尾賢悟さん。海鮮料理がメインというのは変わりませんが、こちらは肉や野菜などの炭火焼ももう一つの看板メニュー。使い勝手の幅がさらに広がったというわけです。

名店「磯貝」で経験を培った松尾さんが、海鮮料理で何よりも大切にするのは「鮮度のよさ」。『魚けん』に来たらやはり刺し盛りは外せません。2人前2,300円、3人前3,450円、4人前4,000円。市場をくまなく何度も回って仕入れる魚の美味さ、ご堪能ください。

ほか鯨の刺身、刺身単品、アワビやサザエ、魚のカマや大エビなどの炭火焼、揚げ物、煮付けなど、ひと通りの海鮮料理がいただけます。こちらは「本日のあらだき」(1,200円)で、この日の魚はタイ。豪快に出してくれます。



薬院店でのみ楽しめる肉・野菜の炭火焼きは、「地鶏の炭火焼」(790円)、「牛さがり炭火焼」(890円)、「きのこのホイル焼」(490円)、そして旬野菜の炭火焼(時価)など。

なかでも松尾さんオススメは、「霧島山麓豚バラ串焼」(330円)、「鶏皮のカリカリ串焼」(150円)、「鶏と海鮮のつくね串焼」(330円)などの串焼です。
​​​​​​​


上記以外にも、一品や肴、本店でも人気の「三色寿司(うに、いくら、ねぎとろ)」(1,600円)、「まぐろの魚けんバーガー」(490円)といったごはんものまで、豊富な品揃え!「魚に限らずいろいろ味わっていただきたいから」と話す松尾さんの気持ちは、人数によってちょこちょこ内容を変えるというお通しにも表れます。
​​​​​​​



場所は、西鉄薬院駅から徒歩3分ほどと、アクセス良好。カウンター席とテーブルがあり、テーブルはつなげると最大15名まで対応できるそう。お一人さまから団体まで、また居酒屋としても和食屋としても楽しめると、いかようにも利用できます。
​​​​​​​

​​​​​



本店のオープンから2年経たずに開いた薬院店。「周りの人々にたくさん助けられたおかげです」と話す松尾さん。たとえば店に入ってまず目が奪われる立派な壁の絵も、ご友人の絵師による手描きの作品です。
​​​​​​​



「繁盛したいという気持ちよりも、長く続けられる店にしたい」。素材と技、さらに感謝の想いが詰まったこの薬院店で、さらなる『魚けん』の魅力をたくさん味あわせてくれそうです。
​​​​​​​

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

ろばた焼 魚けん(うおけん)

住所 福岡市中央区薬院3丁目3-29
TEL 092-406-5912
営業時間 17:30~25:00(OS24:00)
定休日 日曜
PAGE TOP