グルメ | イベント

下関の特選食材を各店独自の料理で味わおう

2018年02月06日 12:00 by 弓削聞平

この季節、恋しいものの1つがふぐではないでしょうか。特に鍋やひれ酒は極寒の昨今、心が躍ります。ふぐといえば下関ですが、実は下関には他にもおいしい食材がたくさんあり、そんな下関の食材を活用したフェアが福岡と東京で開催されています。2月1日(木)から始まった「しものせき海響の恵みフェア」は、とらふく、ジビエ(鹿肉)、のどぐろ、あんこう、くじらなどの食材、さらに下関のこだわり農家の野菜や老舗醤油蔵の作った魚醤などを使い、天神の「酒蔵レストラン たから」「博多魚いち いっ笑」など市内5店舗で28日(水)まで開催しています。

このイベントは「オテル・ドゥ・ミクニ」など東京の飲食店10軒と福岡の飲食店5軒で同時開催されるもので、料理人の皆さんが下関の生産者を訪ね、試食や意見交換を重ねて、今回店舗独自のメニューを開発し提供なさっています。和食・フレンチ・中華などさまざまなカテゴリーの調理法で、食材の魅力を存分に引き出した料理の数々。ぜひこの機会に食べてみて、身近な食材の力を感じてください。

「博多魚いち いっ笑」ののどぐろの土鍋 炊き込みご飯

「酒蔵レストラン たから」の下関ふくと初摘み生わかめの重ねしゃぶ

【日程】~2月28日(水)

【福岡実施店舗】酒蔵レストラン たから(福岡市中央区天神2-2-43ソラリアプラザ7F)、博多魚いち いっ笑(中央区渡辺通2-8-1フェリス薬院1F)、蓮双庭(博多区博多駅東2-7-27-2F)、ひつまぶし 和食備長 中洲川端店(博多区下川端2-1博多座西銀ビル1F)、オーグードゥジュール メルヴェイユ博多(博多区博多駅中央街1-1JR博多シティアミュプラザ9F)

【問い合わせ】下関市産業振興部産業振興課(TEL:083-232-7214)

http://pr.gnavi.co.jp/promo/shimonoseki2018/

 

取材・文:弓削聞平
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP