グルメ | 新店舗オープン

ファスティングをテーマにした、ヘルシーフードとベジタブルドリンク

2017年12月18日 12:00 by 木下 貴子

以前は耳慣れない言葉であった「ファスティング」も、最近わりと耳にするようになったと思いませんか? 「ファスティング」とはいわゆる「断食」のこと。半日から数日間にかけて断食することにより、お腹を休息したり体内のデトックスといった体調管理を行います。

その「ファスティング」をテーマにしたお店が今泉に新しくオープンしました。場所は、国体道路の今泉1丁目信号の交差点を、南に200メートルほど進んだ左手です。

清々しい印象の明るい店内。小さなお子様連れでも利用しやすいよう子ども用シートも用意され、また個室もあります。


左から、オーナーの中尾しのぶさん、スタッフの山際あいさん、そしてエグゼクティブプロデューサーの栗原輝明さん。店内同様に、明るく爽やかな笑顔で迎えてくれました。


中尾さんと栗原さんは、同じく今泉にある「美容×改善 体質向上サロン Re:(アールイー)」でも活躍中。中尾さんはセラピストとして、栗原さんは整体師として、たくさんの人々の健康や美容などのコンディションをサポートしてきましたが、「身体の外からだけでなく、食を見直し、身体の中から改善するお手伝いもできれば」と構想に2年を費やし、『リセルキッチン』を開きました。「ファスティングは長い目で見ると、社会を取り巻く環境に役立つ一つのツールに成り得ます」。この店がファスティングを知ってもらえるきっかけになればという新たな取り組みが認められ、福岡県から経営革新計画の承認も受けました。

ファスティングのプログラムに組み込まれる、準備食や回復食、断食期の酵素ドリンクなど、ファスティング向けのメニューが並びますが、だからといってファスティングを行う人だけが対象ではありません。例えば、身体に優しいヘルシーな食事をしたい人や、和食が食べたい気分の人にも気軽に食べていただきたいと話します。「ヘルシー食はもの足りないイメージをもたれがちですが、味も十分満足していただけるように」と、イタリアンのシェフと野菜ソムリエというプロのお二人にメニュー監修をしてもらい、調理法や調理料など様々な工夫をしています。

看板メニューの「Re:Cell御膳」(1,404円)は、鯖の潮焼きおろしソース添え、野菜たっぷりのお味噌汁、副菜3種、サラダ、玄米or雑穀ご飯、お漬物という一汁六菜のお食事。無農薬や有機野菜を使うなど、安心も提案しています。

こちらは「本日の御膳」(1,620円)で、鯖の味噌煮、鯛のアクアパッツァ、鰯の梅酒煮魚というように魚料理が日替わりになります。御膳には、オプションとして三重県の奥野商店の「天然藁納豆」(+540円)や唐津のささき農園の「有機JASの無農薬自然薯」(+540円)なども。


「薬膳粥」(お漬物付486円)は、「あおさと梅干の白粥」(手前)など4種類。どの時間帯でも食べられますが、モーニングに最適!



「有機ベビーリーフと温野菜のサラダ」(648円)。ほか、無水で煮込んだグルテンフリー、野菜たっぷりの「有機野菜のヴィーガンカレー」(1,296円)、デザートの「ビーツ&アサイーボウル」(756円)などがあります。


ショーケースには色とりどりの野菜やフルーツが並びます。注文を受けた後に、フレッシュな「スムージー」(594円~)や「コールドプレスジュース」(1,080円~)が作られます。ちなみにスムージーは真空ミキサーを使うため、酸化を防ぎ、かなり鮮度が高いものがいただけますよ。


店内では、野菜を原料にしたノンカフェインコーヒーといったアイテムも販売されています。こちらのノンカフェインコーヒーは、カフェメニューとしてイートインもできます。


優しいご飯を食べたい時、身体の中からリフレッシュしたい時、ファスティング中に友達と外食したいな~と思う時……そんな様々なシーンでサポートしてくれます。

なお、年明け1月3日(水)~8日(月・祝)は、お正月バージョンの御膳が登場するそう。そちらもお楽しみに!

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

Re:Cell Kitchen(リセルキッチン)

住所 福岡市中央区今泉1丁目1-4 天神石松ビル1F
TEL 092-732-6608
営業時間 8:00~20:00
定休日 月曜
PAGE TOP