グルメ | 新店舗オープン

名物はとりかわ!普段使いにぴったりな焼鳥店が今泉に開業

2017年12月15日 08:00 by 山田 祐一郎

店主・平塚さんにとって、焼鳥は幼い頃からの大好物でした。「忙しい時、たまに母がスーパーか何かで焼鳥を買ってきていて、それがとても美味しかったという思い出がずっと自分の中に残っていました。実際に、自分がお酒を飲めるようになり、焼鳥店に入れるようになると、自分が知っている味よりもさらに美味しく、こんなに誰もが気軽に楽しめる料理は他にないというくらいにすっかり夢中になりました」。
平塚さんが焼鳥店で働くようになったのは、まさに自然の流れでした。以来、焼鳥一筋15年。11月13日(月)、「博多とりかわ焼 隅(ぐう)」を開業しました。


店があるのは今や焼鳥激戦区と化している今泉の上人橋通り沿いです。通り側は全面ガラス張り。気軽に入りやすい佇まいです。


店内はコの字型のカウンター席を主体に、テーブル席、そして半個室を備えています。カウンター席は焼き台が目の前にあり、臨場感満点です。テーブル席は席同士の感覚が広めにとられています。8〜10人まで対応する半個室もゆったりとした造りで、家族連れにも気軽に足を運んでほしいという平塚さんの思いが表れています。
「私自身、カウンター商売、お客様の反応がダイレクトにわかる焼鳥のスタイルがとても好きなので、カウンター席は視界が開けるような造りにしています。また同時に同世代の方々にとってはお子様もいらっしゃるでしょうから、そういう方々でも気軽に食べに来られる店にしたかったんです」と平塚さんは笑顔を見せます。


焼鳥は九州産の肉を使った名物「とりかわ」を筆頭に幅広いラインナップ。「とりかわは、何度も火を入れて、手間をかけ、仕上げています」という平塚さん。1本120円からと価格も普段使いにぴったりです。初来店ならお得な串盛り(980円)がオススメ。
また、一品料理についても色々な味を楽しんでほしいという思いから、ポーションを少し少なめにしつつ、価格も200、300円が中心です。コースも3,500円(飲み放題2時間付き)から対応しています。「福岡に根づいた焼きとり文化を、ここからさらに広げていきたいですね」という平塚さんの表情はとても晴れやかでした。

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

博多 とりかわ焼 隅(ぐう)

住所 福岡市中央区今泉2丁目3-23
TEL 092-707-0147
営業時間 17:00〜24:00
定休日 月曜
PAGE TOP