ショッピング | イベント

日本の正月に相応しいモダンな風呂敷や新春飾りがずらり

※このイベントは2018年1月8日(月・祝)をもって終了しました。

2017年12月13日 12:00 by 山内淳

師走になり、今年も慌ただしく一年を終えようとしています。2018年は、すぐそこ。新年を迎える準備はできているでしょうか。ハレの場に相応しい干支や縁起物を図案化した染め物〈印染杉下〉のイベントが、2018年1月8日(月・祝)まで『LT LOTTO AND TRES』にて開催されています。

「印染」とは、目印となるようにのぼりや風呂敷に家紋などをくっきりと染める室町時代から伝わる技術です。京都で創業した「スギシタ有限会社」は、祭りの半纏やのぼりなどハレの日の染めものを作り続け、この伝統技術を次世代に残すために新しいことへ挑戦したいという思いから生まれたのが〈印染杉下〉です。

同店では初めての取り扱いとなる、「印染ハンカチ」(1,944円)と「印染風呂敷」(7,020円)。来年の干支である戌をはじめとする十二支、鶴や亀といった縁起がいいモチーフを図案化しています。伝統的な印染の技術を用いながら、モダンなデザインが融合したアイテムは、今までとは違った正月を演出してくれるでしょう。干支柄はギフトにも喜ばれそうですね。

こちらも同じ「印染ハンカチ」なのですが、包み方次第で包みに笑顔が表れるようにデザインされた「笑い包み」というシリーズ。見ているだけ笑顔になるような包みは、正月のおもたせを包む際にもおすすめです。

また、〈Studio GALA(スタジオ ガラ)〉の新春飾りも、現代の暮らしにマッチしたアイテム。こちらも同店初登場で、12月31日(日)までの取り扱いです(なくなり次第終了)。お椀職人が作った「鏡餅」(12,960円~)は、二段の餅とダイダイをすべて入れ子にして収納できます。そのほか、「亀甲折型松飾り」(8,100円)や「祝い鯛」(6,480円)など、国産の材料と国内生産にこだわり、水引・組紐といった日本の伝統的な素材と技術を生かして新春のめでたさを表現しています。さらに、福岡を拠点に全国で活躍する水引デザイナーの長浦ちえさんが手掛ける〈TIER(タイヤー)〉の「水引お飾り」(3,618円)もあります。

日本の伝統的な正月に、モダンなエッセンスを取り入れて新年を迎えてみませんか。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

印染杉下 ハレ日の染めものを身近にEVENT

期間 ~2018年1月8日(月・祝)

プレイス情報PLACE

LT LOTTO AND TRES(LT/ロット アンド トゥレス)

住所 福岡市中央区天神2丁目10-3 VIORO6F
TEL 092-736-7007
営業時間 11:00〜21:00
定休日 VIOROに準ずる
URL http://www.lotto-tres.com/
PAGE TOP