ショッピング | ファッション | アート

東京・福岡で注目のイラストレーターが立つ、隠れ家ショップとは…!?

2017年12月05日 12:00 by simoonu(シモーヌ)

イラストレーター、Toyameg(トーヤメグ)さんをご存知ですか?
アクセサリーブランドや人気ショップのイメージイラスト、イベントのフライヤー、Tシャツやグッズなどでも、彼女のイラストを見かけたことがあるかもしれませんね。福岡出身のトーヤメグさんは専門学校卒業後に上京し、2011年からイラストレーターとして活動を開始。これまで若旦那(湘南乃風)、BASI(韻シスト)、Keishi Tanakaなどの人気ミュージシャンをはじめ、某ビールメーカー、有名企業のHPのイラストも担当。今年は「ミュージックシティ天神 2017」の公式Tシャツのイラストレーターとして起用されました! 東京はもちろん、福岡でも注目されるアーティストなのです。
そんなトーヤさんが地元・福岡へ戻り、警固にアトリエ兼ショップをオープンしたということで、覗きに行ってきました! 

トーヤさんのアトリエ兼ショップ『Palm House』の場所は、警固のアパートの一室にあります。天神サイトでも以前紹介した『みんなの黄ちゃん』が入っているアパートの2Fです。アトリエ(作業場)ということで普段はクローズしていますが、不定期でショップ展開に切り替わり、誰でも立ち寄ることができるんですよ! 

店内に入ると描きおろしのイラストと一緒に、リトルプレスとも呼ばれるZINE(小冊子)や小物がズラリ。「ここに並べているのは、LAやNYで買い付けてきたZINEと、東京と大阪の友人が手掛けたZINEです」とトーヤさん。「ZINE(ジン)」とは、言葉・イラスト・写真・デザインなど個人が自由な発想で小冊子にまとめた自主制作出版物のこと。数年前から日本でも20〜30代を中心にZINEを発表する人が増え、東京では幅広いZINEを揃える専門店もありますが、福岡で、しかもアーティスト本人が販売するケースはかなり稀少! 

「今でも『ZINEって何ですか?』と聞かれることが多いほど、福岡ではまだまだ認知度が低いかも。でもアメリカではポピュラーな存在で、特にアーティストたちは常にカバンの中に自分のZINEを忍ばせておいて、会う人みんなに名刺代わりに配るっていうくらい身近なものなんです」とトーヤさん。
色使いが絶妙で、タッチも発想ものびやかで面白く、これまでの固定観念を打ち壊してくれる感性がギュ〜ッと詰まったZINEの数々。インスピレーションがかき立てられ、トーヤさん自身もこれらを見ることによって創造意欲がぐいっと高まるのだそう!

ダニエル・クロウズ作の人気漫画「ゴーストワールド」。2001年にスカーレット・ヨハンソン出演で映画化された、あの原作です! 色のトーンと言い、アメコミ感と言い、たまりません…!!

イラスト系のZINEが多いのも、トーヤさんならではのセレクト。

NYのアーティストが制作したこのZINEは、ちょっぴり卑猥でポップなテイスト。

ピンクの女性が描かれた表紙は、お気に入りの作家、Jeffrey Cheungによるもの。 

「私もこれまで個展のたびにZINEを発行してきました。つい最近の話ですが、昔私が作った手描きのZINEが一冊だけここに残っていて、そしたら中学生が買ってくれたんです。その子に何かしら響いたと思うと嬉しいっ!」とトーヤさんは語ります。

お店では、アメリカで買い付けてきたピンズやステッカー、そしてトーヤさんのイラストが落とし込まれたシルクスクリーンのロングTシャツ、イラストパネルなど、オリジナルのグッズも販売。爽快なカラーリングとポップなイラストがとっても可愛くて、実はちょっぴりエロ要素や毒っけも混じっていて、ユーモアたっぷり! 

アーティスト本人がお店に立ち、制作現場の雰囲気もチラッと覗ける場所『Palm House』。国内外のZINEをめくりながら脳内に刺激を与えたり、トーヤさんの作品について直接話を聞いたり、他では味わえないエモーショナルなひとときを楽しめますよ。インスタグラムでオープン日を確認して、ぜひ覗きに行ってみてくださいね。

 

■Palm House
住所:福岡市中央区警固1-3-6 警固フラット203
電話:非公開
営業時間:Instagram公式アカウントを要確認
URL:http://toyameg3.thebase.in

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む


プレイス情報PLACE

Palm House

住所 福岡市中央区警固1-3-6 警固フラット203

グーグルマップで開く

PAGE TOP