グルメ | 新店舗オープン

静かな路地裏に佇む店。落ち着いた空間と水炊きでほっこりと安らぎを

2017年12月07日 08:00 by 木下 貴子

国体道路から花みずき通りを100メートルほど進み、斜め右へと曲がる小さな路地。この通りの静かな雰囲気に自然に馴染む店、『あび』が誕生しました。


料理の世界に入って23年間、店主・阿比留章一朗さんはずっと和食一筋でやってきました。独立を果たしたこちらの店では、看板メニューに水炊きを据えつつ、旬の素材を使った一品料理をひと通り揃えます。

鶏ガラを丁寧に煮込んだ白濁のスープ。鶏肉は朝引き鶏を使用するため、ぷりっぷりの食感です。大きな自家製つくねはレンコンなどの根菜も合わせて練り込んでいます。「野菜をたっぷり摂っていただきたい」とキャベツ、水菜、パプリカ、しめじ、エノキなどたくさんの野菜も合わせて出してくれます。


「水炊き」(1人前2,700円)の注文は1人前から可能です。「水炊きコース」(4,320円)もあり、小鉢、ごまさば、水炊きのスープ、手羽先の唐揚げ、水炊き、〆のごはんという構成になっていて、お得です。

一品料理は魚を中心に、お造り、焼物、煮物、揚げ物など様々に味わえます。「鐘崎産甘鯛味噌漬け」(1,296円~)、「長崎産のどぐろ塩焼きor煮付け」(1,944円~)など、「地元や九州産の食材をできるだけ使いたい」とも話します。

「鯖の棒ずし」(972円)。〆サバを軽く炙り棒ずしに。肉厚の〆サバは甘味が豊かで、シャリの酸味とのバランスが絶妙! サバとシャリの間には小ネギが入れてあり、香りのエッセンスが加わります。この棒ずしは、水炊きコースのごまさばの代わりに出すこともあるそうです。


お酒は日本酒、焼酎を中心に。「また来たいって思っていただけるようなお店を目指します」と阿比留さん。その店構えからやや高級に思えるかもしれませんが、値段はお手頃に、23年磨いてきた腕を存分に発揮した数々の料理を味あわせてくれます。まずは試しに水炊きコースをいただきに、そしてお気に召したら一品料理まで。身構えずに、扉を開いてみませんか?

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

小料理 水炊き あび

住所 福岡市中央区赤坂3丁目10-49 赤坂山愛マンションⅡ 1F
TEL 092-406-3981
営業時間 18:00~23:00
定休日 日曜
PAGE TOP