映画トピックス

映画『泥棒役者』西田征史監督インタビュー!

2017年11月24日 18:00 by 筒井あや

西田征史監督が手掛ける、待望の長編映画第2作『泥棒役者』(監督・脚本)がついに完成!本作は、2006年に作・演出した舞台「泥棒役者」を、自身が映画用にリライトし監督をする完全オリジナル作品。主人公に丸山隆平(関ジャニ∞)、共演者に市村正親、ユースケ・サンタマリア、石橋杏奈、宮川大輔、高畑充希、片桐仁、峯村リエ。超個性的な役者陣が彩りを添えた西田監督渾身の一篇、観れば笑いに隠された〝愛〟にホロリとさせられるはず!
本作で、脚本・監督を務めた西田征史監督にインタビュー。

――2006年に舞台版としてこの作品を作られたきっかけと、今年映画化された理由は?

2006年の舞台以降、この作品をきっかけに仕事のオファーを頂いたりしたので、自分の人生が動き出した作品という意味でも思い入れのある作品ではありました。当時の評判も良かったので、いずれ再演などで形にできたらという思いはずっとあったんです。一作目の映画を撮って、二作目を撮りませんか?というお話を頂いた中で、いくつかアイディアは考えたんですけど、これを今映像にしたらどうだろう?というアイディアがふと浮かんだんです。ただ、舞台は一幕劇として笑いを前面に押し出した作品ですが、この作品だったら、今自分が伝えたいメッセージをキャラクターに織り交ぜることで描けるかな?と思ったので提案してみたら、実現しました(笑)。

――監督が伝えたいこととは?

色々ありますが、ひとつ挙げるとすると、挫折や後悔に対しての向き合い方、いずれにしても明日はやってくるわけです。そこから逃げるのか向き合うのかとか、そういうことを僕自身が40年生きてきて感じることもあったので、書いてみたいなと思いました。

――泥棒の大貫はじめを演じた丸山さんは、関ジャニ∞の中でもギャグをやられたりしていますが、笑いの“間”も含めて俳優としての丸山さんはいかがでしたか?

以前、舞台でご一緒した時から、俳優さんとして素晴らしいなと思っていたので、今回も声を掛けさせていただきました。今回改めて思ったのは、彼は自然体をそのまま芝居に出せる魅力と、俳優としてあくまでも作品を見せたいという気持ちが強いんだなと。こんな芝居をしている俺を見てくれ!という感じは全く無くて、自分がどういう芝居をしたいかではなく、大貫はじめとしてここはどう居たらいいか、という感じでやり過ぎず引っ込み過ぎずという立ち位置をずっと模索してくれていました。それは作品にとってはとてもありがたいことです。それは他のキャストの方にも言えることで、みなさんがそういう気持ちを持って芝居のバトンを繋いで最後のテーマに持って行く、みたいな感じで作品が作れたのはとても幸せなことでした。

――撮影現場も楽しそうですね。どんな雰囲気だったんですか?

和気あいあいでしたね。劇団とまでは言いませんが、みなさん芝居をするのが大好きな方たちだったので、一人が動き出すと自然に稽古が始まっていく、みたいな感じは見ていて面白かったですね。実は撮影中、ちょっと辛いことがあったんですけど、その時にあたたかいメッセージをみなさんにいただいて、その日は5回くらい泣きました(笑)。

――作品の中にでてくる「タマとミキ」という絵本ですが、とてもかわいい絵本になっていますが、イラストのイメージをリクエストされたりしたんですか?

舞台版のベースの絵は僕が描いていて、それをプロの人に描いていただいたんですけど、可愛くなりすぎないというかちょっとブサイクを残したいということで、タマの目も綺麗に描かずにちょっとだけいびつにしているんです。そこは今回一番こだわっていて、なんとなく見ていても不安になるような、でもかわいいと思えるようにとお願いして、絵本作家の朝倉真愛さんにお願いしました。

――最後に『泥棒役者』というタイトルがとても印象に残りますが、タイトルに込めた思いはありますか?

自分でタイトルを付けるときは、インパクトとか引っかかりを大事にしていて、本作では知っている単語が2つだけど、組み合わさってみると初めて聞く言葉みたいな。どういう意味なんだろう?と感じてもらえる事がまず、作品の始まりのような気がするので、30歳の時の自分が、いいなと思って付けたタイトルなんですけど。今、Twitterとかで観ると、たまに「映画泥棒」とか間違ってる人もいますが(笑)、「役者泥棒」はまだいいんですけど、「映画泥棒」はちょっとね……全然違うものだし(笑)。でも、それもひとつとして、引っかかってくれたらいいなと思いますね。

映画『泥棒役者』はTOHOシネマズ天神 他にて全国で絶賛公開中!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP