グルメ

「こんなに満喫しちゃって良いんでしょうか?」的なランチスポット、登場!

2017年11月08日 12:00 by S子

天神にお出かけの際、毎回ランチに迷えるみなさま、これからは黙ってイムズB1Fへ直行していただきたい!

実は2017年10月、お魚メインのダイニングバー「BASEMENT SEA GARDEN ONO」が、グリル&スモークをテーマにした「HAKATA Trattoria BISTRO ONO」にリニューアル。店名にあるように、イタリアンとフレンチ両方の要素を取り入れた料理が楽しめるようになったのですが、そのランチがスゴイ!と、もっぱらの噂なのです。よ〜し、この目で確かめちゃおうじゃないの!

イムズB1Fを地下街側に一旦出て、すぐのところにお店はあります。

渡辺通からも直接アクセスOK!

入り口の看板をチェックしますと、なになに? メインがあって、オードブルとサラダ、さらにスイーツが食べ放題!? これはのっけから期待値が高まります。

入り口からはちょっとわかりにくいのですが、店内はゆったり、広々としています。「これは長居しちゃいますね〜」というS子のつぶやきに、「好きなだけゆっくりしていただきたいですね(キリッ)」とマネージャーの河崎慧司さん。おお!

それでランチですが、メインは日替わりで3種、月替わりで2種を用意。う〜ん、どれも美味しそう…。迷ったあげく、「ハーブ鶏と自家製ハム・スモークソーセージのポトフ風カルトッチョ」をオーダー。「カルトッチョ」が何者かについてはのちほど。

ということで、その間にオードブルとサラダのビュッフェへ…。まずこちらはオードブルのコーナー。毎日6〜8種類ほどが並ぶそうですが…

鴨肉のロースト!

鰤(ブリ)のカルパッチョ!

自家製オールサーディン!(しかも缶に入ったディスプレイがしゃれとる!)

糸島雷山ポークのパテドカンパーニュ!

と、どれもこれも手の込んだラインナップ。盛り付けたらこうですよ。これだけでランチと言ってもいいくらい。

さらにサラダも、フレッシュな葉物に根菜、お豆もあって嬉しい〜!

さて、それらを楽しんでいると登場したのがこちら。

何ですか、君は! 「蓋を開けますよ〜」とマネージャー。すると、

フワァァァァァァ!っと、湯気と一緒にいい香り。中には野菜たっぷり、お肉ゴロゴロのポトフ。最高! 素材の旨みが全部一緒になって、ジャガイモもホクホク。あ〜、ワインを飲みたくなったけどガマンガマン!あ、「カルトッチョ」ですが「紙に包んだ」という意味なのだそう。

とにかくここまででお腹いっぱいなのですが、忘れてならないのが「スイーツ」。なんと言ってもビュッフェですからね!

こちらもかなり力が入っておりまして、13Fの「HAKATA ONO」でも腕を振るっていたパティシエが、さらに腕を振りまくっている模様で。ケーキから焼き菓子からプリンから、とにかく種類が豊富。

ジャ〜ン!例えばこんな感じ。今日は特別に秋仕様にしていただきましたが、豪華、豪華!

しかし欲張りな私は、こんな看板も見つけてしまいまして、思わず「ふ、フレンチトースト!」

するとやってきましたよ。甘い卵液しみしみのパンをコンガリと焼いたフレンチトースト。ホイップとベリーのトッピングもグッド。これがビュッフェの1品なんて信じられる?

さらに極め付けは最後のドリンク。なんとネスプレッソを導入していて、4種類から選ぶことができるんです。カフェインレスの「デカフェ」も揃えているあたりがさすが。

こ〜んな美味しいコーヒーをお供に、スイーツは好きなだけ。あ〜幸せ!

ちなみに本日のランチ、揃えたらこんな感じなっちゃいました。オードブルやサラダ、スイーツは盛りきれなかったものもあるから、全部揃えたら大変なことになっちゃいそう。これで、日替わりランチ1,880円、月替わりランチ2,280円。コストパフォーマンス、最高でしょ! ランチは11:00〜OS15:00です。

14:30からはパスタやピザなどの軽食や、パティシエ特製のスイーツがいただけるスイーツタイムへ。さらに17:00からはイタリアン&フレンチが単品で楽しめるディナータイムに突入します。

ランチもいいけど、ディナーもかなり、おすすめです!

取材・文:S子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

HAKATA Trattoria BISTRO ONO

住所 福岡市中央区天神1丁目7−11 イムズビルB1F
TEL 092-731-3909
営業時間 11:00~15:30/14:30~17:00/17:00~食事OS22:00、ドリンク22:30
定休日 第3火曜不定
URL http://ono-group.com/
PAGE TOP