ショッピング | 新店舗オープン

1km 0.5円とコスパが高い次世代の乗り物が福岡からデビュー!

2017年10月28日 10:00 by 山内淳

電気自動車も普及してきた車業界ですが、バイク業界にもその風は吹いています。10月6日(金)、大名にオープンした『XEAM SHOP FUKUOKA(ジームショップ)』は、エンジンに代わってモーターで走る電動バイクのショールーム兼販売店です。〈XEAM〉とは「eXperience Electric Auto Mobility」の略で、「電気で動く次世代の乗り物を体験してほしい」という思いから名付けられた電動バイクのブランド名です。

店内には10月11日(水)に発売されたばかりの〈XEAM〉第一弾となる電動スクーター「notte(ノッテ)」が展示されています。実はこの〈XEAM〉ですが、福岡市にある「MSソリューションズ」というスマホ・タブレットアクセサリーの総合メーカーが企画したものなんです。

最大の特徴は燃費がよく、経済的であること。一般的なガソリンスクーターが1km 3.4円(※1)なのに対して、「notte」は1km 0.5円(※2)です。エンジンオイルの交換も不要なので、維持費の負担も軽減されます。モーターなので静音性に優れ、排気ガスもなく空気を汚さない環境にやさしいエコな乗り物です。
※1 ガソリン代128円/L 一般的な50ccスクーター37.5km/L(30km/h)(実燃費)
※2 充電最大走行距離 60km(25km/h) 1回のフル充電 30円(東京電力)(定地燃費)

「クールでキュートなEVスクーター」をコンセプトにしているだけあって、丸みを帯びた車体デザインと6色あるカラーバリエーションは女性も乗りやすそう。ロック時に車体を動かそうとすると、「盗難防止アラーム」が作動するので防犯対策も万全です。

シート下にはハーフヘルメットが入る収納スペースを確保。シートの内側にはUSBポートが一つ標準装備されているので、スマホやデジカメの充電もできます。

車体に直接プラグを挿して充電できますが、バッテリーは着脱式なので室内に持ち込んで家庭用コンセント(AC100V)でも充電が可能。駐輪スペースにコンセントがなくても安心です。リチウムイオンバッテリーは小型ながら大きなパワーが得られ、満充電での最大走行距離は約60kmとなっています。

店頭ではハーフヘルメットも販売しており、年内には車体と同カラーのヘルメットも登場する予定だそうです。

〈XEAM〉「notte」の車体価格は158,760円。普通自動車免許や原付免許など、50ccバイクに乗車できる免許証で乗ることができます。コンパクトシティの福岡では、燃費がよくて小回りが利くスクーターが便利。環境にも優しい電動スクーターで街乗りを楽しみませんか。試乗も気軽に体験できますよ。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

XEAM SHOP FUKUOKA(ジームショップ)

住所 福岡市中央区大名1丁目1-33 GLANZ1F
TEL 0120-15-8195
営業時間 11:00~19:30
定休日 水曜
URL http://www.mssjapan.jp/xeam/notte/
PAGE TOP