映画トピックス

大ヒット御礼!映画『ナラタージュ』福岡の舞台挨拶に松本潤&有村架純が登場!

2017年10月19日 12:00 by 筒井あや

現在大ヒット公開中の映画『ナラタージュ』。教師と生徒の切ない恋愛模様を描いたストーリーにハマっちゃう人続出の作品です。本作で、高校教師・葉山貴司を演じた松本潤さん、元生徒の工藤泉を演じた有村架純さんが舞台挨拶に登場!
この日はなんと4回の舞台挨拶が行われましたが、いずれの回も超満員。その様子をレポート!

――福岡へようこそ!松本さんはよく来られていますよね?

松本潤:今年の年末にもまた嵐でライブに伺いますし、今年はプライベートで春くらいに一度お邪魔しました。

――有村さんはいかがですか?

有村架純:私は(福岡に)初めて来ました。24年間で、初めて来ました。でも何も見てません(笑)。

――では松本さん、おすすめの福岡のいいところを伝授してください。

松本潤:九州独特の人の温かさというのは、ある気がします。昔ドラマで博多出身の役をやったことがあって、その時にも博多でのロケがあったんです。当時も温かい人たちだなと思いました。それはご飯屋さんに行っても思うし、素敵な人が多いなという印象です。有村さんが来たことないのは意外だね。ぜひ、美味しいものを食べてください。まあ僕は地元の人間じゃないですけど(笑)。

――では、これから映画のお話を伺いましょう。10月7日(土)に公開しましたが、周りの方からの感想は聞かれましたか?

松本潤:僕の友達が映画館で予告を観ていて、この人誰だろう?と最初は誰か解らなかったけど、タイトルを観て、あ、知っている人だってなったと言ってましたね。それはすごく嬉しかったです。
僕の周りでは架純ちゃんの体当たりの演技の話をよく聞きます。女性の方は、そこにすごく共感できるようですし、ひとつひとつの感情が露わになっていく姿に共感できたと言ってました。

有村架純:観終わった後に、誰かと話したくなるんだよね、という話を聞いて、すごくうれしかったですね。

――久しぶりに共演されてみて、新しい発見や気づいたことはありますか?

松本潤:大人っぽくなりました。テレビで共演した時は、21~22歳だったけど、そこから2年くらいの間に色んな作品で色んな出会いがあったんだと思いますけど、とても力強く、かつしなやかで、泉を演じるにあたって、凜とした佇まいみたいなものが、すごく強くなったなと感じました。

有村架純:当時と印象は全然変わっていないんですけど、でもすごく周りを見られている方だなというのは、再認識しました。気配りがスゴいですね。それは現場で見ていて、学ぶところでもありましたし、色んな現場を経験されている方がいる中でも、そう感じたので、松本さんってすごいなと改めて思いました。

――撮影の時に、監督から目力を抑えて欲しいと言われたそうですね?

松本潤:最初にお会いした時に、普段の僕が100~120%の印象だとしたら、それを40%くらいまで落としたところで芝居をやって欲しいと言われました。それは台本を読んだり役を想像する上で、どういう風に葉山を演じたらいいかということの指針になった言葉です。そのお陰で、今回のような芝居ができました。

――それでは最後に、これからご覧になるみなさんにメッセージをお願いします。

有村架純:この映画は、わかりづらいと思います。というのは、私自身、台本を読んだ時にもそうでしたが、あまり感情の説明がないので、読み取るのに時間がかかる作品かもしれません。なので観終わって「なんかよくわかんなかったな」と感じるかもしれないですが、それはそれでいいと思いますし、みなさんがそれぞれに感じたことを今は大事にしていただいて、もしかしたら1年後、2年後に観返した時に、また違った気持ちが生まれてくるような、そんな作品になっています。ぜひ、最後まで、エンドロールの主題歌まで楽しんで帰っていただけると嬉しいです。

松本潤:架純ちゃんの言うとおりだと僕も思っていて、解らないということが、自分にとってマイナスなことではなくて、それぞれに作品を見て、感じることが違うと思います。でも良くも悪くも感情を動かされながら見ていただける作品です。楽しんでください。今日は福岡初上陸の有村さんにも会えたし、良かったですね(笑)。僕ら嵐としては、年末にまたお邪魔しますが、まずはこの映画を楽しんでいただけたらと思います。

 

映画「ナラタージュ」は、大ヒット公開中!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP