ショッピング | ファッション

素敵すぎて長居したくなる、薬院の人気ショップを覗き見!

2017年09月06日 12:00 by simoonu(シモーヌ)

ナチュラルやヨーロピアンテイストが好きな女性、大人のオシャレを楽しむオリーブ女子などから愛され続けるレディスのアパレルショップ『bulle de savon(ビュル デ サボン)』が博多からの移転し、薬院に新たな店舗を構えたのは今年3月のこと。この際、同系列の姉妹ブランド〈yuni(ユニ)〉の取り扱いも始め、商品ラインナップの幅が広がり、選ぶ楽しさが以前に増して膨らみました。

路面店となったことで、天井が高く、窓もいっぱいの開放的な空間に。風がそよそよと通り抜け、スカートの裾がゆらゆらとたなびき、自然光によって描かれる植物の影も時折見られて、なんだか心が和みます。暮らしに溶け込むシチュエーションの中で洋服選びができるので、よりイメージしやすく、リラックスしてショッピングができるのです。


そんな『yuni/bulle de savon』は、秋モノが出揃って心地良い空気感が満ちています。

〈bulle de savon〉の今季アイテムは、中国の田舎町の日常着からインスピレーションを得た服の数々が登場。チャイナ服に見られるマオカラーを思わせるシャツや、色褪せた原色のワンピース、くったりとしたコットン素材のワイドパンツなど、ちょっぴり野暮ったい感じが逆に可愛いんです。年齢を問わずに着られて、自由にスタイリングを楽しめるのも魅力。

ベロア生地×ゴブラン織りのワンピース(近日入荷予定)や、ダブルボタンのノーカラーコートも秋に取り入れたいイチ押しアイテム。こざっぱりと、垢抜けた雰囲気で取り入れたり、マニッシュに着崩したりと、色んな着回しを楽しんでみて。

このケーブルベストは、裾や首元に入ったリブがポイント。前後でケーブル編みのデザインが違って、サイドに付いたボタンを開けてレイヤードスタイルを演出することも! 「ニットの素材感からしてお高いのかしら…」と思いきや、なんと7,452円という良心プライス!!! 嬉しくなっちゃう高見えアイテムです! 


一方〈yuni〉では、イギリスのトラッドを落とし込んだグレンチェック柄のアイテムや、テーパードパンツが到着。同ブランドのデザイナーがイギリスの伝統的な服づくりやメンズライクなブリティッシュスタイルが得意とあって、その要素が服の一つひとつに巧く表現されています。
ぜひグレンチェックのジャケットは、同柄のパンツとセットアップで着こなしてほしいです! ジャケットはフロントのボタンが2つのみのユルい感じが可愛く、パンツはウエストがゴム仕様になっているので楽チン♪ ウエスト紐のリボンを見せたり、サスペンダーを取り入れたスタイリングも良さそう!


店内が広くなったので、〈青森ヒバ〉の精油や消臭&抗菌芳香剤などの生活雑貨も新たに展開。店長おすすめの〈小泉硝子製作所〉の手作りの瓶モノもまもなく登場するそうですよ。

7月下旬から行っていた〈にじゆら〉の手ぬぐいのポップアップショップ商品も残りわずか。〈bulle de savon〉別注デザインの手ぬぐいも今だけ! ほっこり華やかな柄は日常使いしやすく、残暑厳しいこの時期にもぴったり。


ちなみに、両ブランドを手掛けるアパレルメーカー「AMBIDEX(アンビデックス)」は今年度で30周年! アニバーサリーを記念して、イラストレーターのテリー・ジョンスンとコラボしたプリントシャツを販売! 絶妙なヘタウマ感がたまりません〜。シンプルなコーデのアクセントとしても一役買うこと間違いなし!


流行だけじゃなく、シンプルさや素材感、着心地を重視したい女性はいかがでしょう。特に秋モノは生地使いが素敵で、洋服から醸し出されるシーズンテーマも楽しめるはずです。
店の前には6台分のパーキングもあるので、遠方からも訪れやすくて、子連れママも安心です。
街の雰囲気とマッチした、のんびり穏やかなショッピングを満喫してください。

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

yuni/bulle de savon 薬院路面店(ユニ/ビュル デ サボン)

住所 福岡市中央区薬院1丁目4-8 あづまビル1F
TEL 092-791-3717
営業時間 12:00〜20:00
定休日 なし
URL http://ambidex.co.jp

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP