映画トピックス

映画『いつまた、君と〜何日君再来〜』向井理&尾野真千子インタビュー

2017年06月28日 08:00 by 筒井あや

俳優・向井理が祖母の卒寿(90歳)のお祝いに、家族や親せきと自費出版して贈った祖母の手記を、向井自ら映画化に向け7年の歳月をかけて企画してきた意欲作。
主演である、祖母・芦村朋子役には尾野真千子。向井自身は、祖父・吾郎役を演じ、夫婦役としては初共演となった2人にインタビュー。

――映画化までの経緯をお聞かせください。

向井理:この手記をいつか映画化したいとは以前から考えていたことでした。7年前に、当時「ゲゲゲの女房」という朝ドラの撮影をしていて、その時の台本がすごく素敵だったので、脚本を書かれていた山本むつみさんに「いつかわからないですけど、いつか映画化するときは書いてください」とお渡ししたのが最初です。それ以降、色んな作品に出演させていただいていたのですが、そこで出会った製作プロダクションの人に、実はこういう手記があって、その後の僕が今ここに至るまでの話も含めて映画にしたいとお話ししました。そのプロダクションの方が、話を進めてくださって、それから監督を誰にしようか、脚本家は誰にしようかという話をする中で、監督は深川監督がいいとか、脚本はもう山本むつみさんに渡しているんだとか、書いてもらいたいから正式なオファーを出して欲しいとかを、ひとつずつ言って決まっていきました。

――深川監督にお願いしたいと思われた理由は?

向井理:深川さんの作品を観て来て、ヒューマンな部分を繊細に撮られる方だなと思っていたのと、以前ご一緒した時に、すごく情熱のある方だと思って。賑やかな方ではないですが、話される言葉の端々に映画やその作品に対する熱意や愛情をすごく感じたのと、僕とあまり年齢が離れていない監督とやりたいという思いはありました。大きく言うと同じ世代だと思っていて、そういう人たちと戦後の昭和の映画を作りたい、残したいという思いがあって、深川さんにお願いしました。

――役作りで意識したことは?

尾野真千子:始めに向井くんからおばあちゃんっていつもニコニコしてる人だったんだよね、という話を聞いて、じゃあニコニコしようと意識していました。でもそれで自分の居方が導かれたような気がして、そのおばあちゃんって温かく家庭を包んでいた人なんだというものが得られたので、そういう人でいようと思いました。後は向井くんを見てとか、子供達を見て感じたことがそのまま表情になったり、行動になったりしたので、みんなに作ってもらったという感じです。
大変なシーンでも微笑ましかったり、見てるだけでそういう感じになっちゃうんです。大変でも辛い顔じゃなくて、ニコニコしちゃう。でも正直な人だから泣きたい時は泣くし、辛い時は辛いと思っているんですけど、そこにいる人たちが楽しい顔をしていたり、向井くんが演じた吾郎さんが笑わせようとしたりしてくれると、こっちも楽しくなったりして、なのでみなさんがいてくれてこそ、この役を演じられました。

――実際に演じてみられて気づいたことは?

尾野真千子:向井くんと芝居をやっていて、病気になって痩せていったり、仕事を失敗したりもありますが、ふとした楽しいシーンとか、幸せなシーンとかを撮っている時には、本当に幸せになれたんです。この人なら楽しい芝居が出来るかもと、生身の尾野真千子が向井くんに対して思ったように、朋子さんも吾郎さんに、こういう大変な時でも笑わせてくれたり、家族を守ってくれる、そういう人がいるというのはすごく頼もしかったんだろうなと、自分と朋子さんとを共通してみていました。

――手記を作ることでおあばさんの気持ちを知り、実演されることでおじいさんの気持ちを知ったかと思いますが、何か改めて感じられたことはありますか?

向井理:普段、祖父の話が出ることがあまりなかったので、どういう人かというのは全くわからなかったですけど、ユーモアがあったとか、男女差別を全くしない人だったというのは聞いていました。今となっては当たり前かもしれませんが、当時はそれだけでもスゴい人と思われた時代だったから、時代によって考え方が変わっていく中で、自分たちも勉強をしていかないとそれのすごさや異質さが解らないなと思いました。祖母は一言で言うと、本当に祖父のことを愛していましたね。晩年、脳梗塞で倒れるところから映画は始まりますけど、実際は退院した時に、初めて祖父のことを聞いたんですけど、愛してるって言っていたので。終ってみると壮大なラブレターというか、ラブストーリーだったなと思いますね。

映画『いつまた、君と〜何日君再来〜』は、6月24日(土)よりT・ジョイ博多ほか全国にて絶賛上映中。

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP