グルメ | ショッピング | 新店舗オープン

新天町にオープンしたカフェでヘルシーな大麦ハンバーグランチ♪

2017年05月29日 18:00 by 山内淳

大麦や飼料など穀物のサイロ貯蔵と加工販売を行う「石橋工業」。1918(大正7)年に八女市で製粉製麺業として創業し、“毎日が大麦のある食卓に”をテーマに「麦のいしばし」の呼び名で親しまれている企業です。来年創業100周年を迎えるにあたり、新天町にアンテナショップ『むぎむぎcafe&shop』が4月23日にオープンしました。

店内はオープンキッチンの明るい雰囲気。カウンター5席とテーブル8席のこぢんまりとした造りです。大麦は食物繊維が多く、血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるうえ、「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLコレステロールの低下や心筋梗塞・脳梗塞の予防にも役立つとされています。同社は和食「麦や七蔵」、イタリアン「trattoria NANAKURA」、ベーカリー「麦工房NANAKURA」などを展開していますが、『むぎむぎcafe&shop』では家庭でもっと気軽に食べられるように、馴染みやすいカフェメニューで大麦の魅力を発信しています。

注文したのは「大麦ハンバーグ」(850円)。ワンプレートにご飯・ハンバーグ・スパニッシュオムレツ・カボチャのマッシュ・サラダ・スープが盛り付けられています。5月半ばよりメニューが増え、「シーフードトマトカレー」(650円)、「サバ塩」「鶏の唐揚げ」(各780円)、「ポークカツレツ」「大麦メンチカツ」(各900円)、5種のピザ(700円~)が食べられるようになりました。食事はランチタイムもディナータイムも同じメニューと価格です。

ハンバーグを割ってみると、肉汁がジュワ~……とはなりません。これは合挽き肉に大麦を混ぜ込んでいるためで、吸水性の高い大麦が肉汁や旨味を吸い込んでいるからなんです。肉汁が流れ出るなんて、もったいない! 食べても肉がパサつくことはなく、とってもジューシー! 大麦と肉の割合は3:7だから、肉の旨味もしっかり感じられます。それでいて通常のハンバーグよりもカロリーや脂質が抑えられてヘルシー!

付け添えのスパニッシュオムレツとカボチャのマッシュ、野菜たっぷりのスープも大麦入り。モチモチした大麦特有の食感がいいアクセントになっています。白米やおかずに大麦や雑穀を混ぜることで自然と咀嚼回数が増えるので、このワンプレートのボリュームでも満腹感が得られます。

こちらは「大麦のシフォンケーキ」(300円)。ケーキの生地だけでなく、ホイップクリームにも大麦を焙煎して混ぜています。しっとりフワフワなシフォンケーキは、言われなければ大麦で作ったものとは分かりません。これでヘルシーなんだから嬉しい限り。ほかに「大麦アイス」(200円)もあり、カフェメニューはいつでも注文することができます。

系列の飲食店でも大麦加工品の取り扱いはありますが、これだけ商品が充実しているのはアンテナショップの機能を持つ『むぎむぎcafe&shop』だけ。麦ごはんの素をはじめ、お菓子などさまざまな商品が手に入ります。管理栄養士が常駐しているので、カフェでの料理のことやショップでの商品について詳しい話も聞けますよ。

左は「月のえくぼ」(3個入り378円、9個入り1,080円)。味は博多あまおう・紅はるか・八女和紅茶・八女抹茶・珈琲の5種類。右はロングセラーの定番品「大麦せんべい」(205円)。味は醤油・黒糖・生姜の3種類です。

手前はフリーズドライの「大麦スープ」(248円)。左奥はあまおう入りグラノーラ「美腸生活」(1,080円)で、九州産押麦と福岡県産あまおう、ココナッツオイル、てん菜糖を使用しています。そして、中奥と右奥はペットの犬と飼い主が一緒に食べられる「大麦クッキー」(432円)。写真のプレーンとチーズのほかに、カボチャと紫イモもあります。

2階にはキッチンスタジオ「むぎむぎcooking」も併設。管理栄養士・肥満予防健康管理士・アスリートフードマイスター・NRサプリメントアドバイザーなどの資格を有する講師による、腸内エステやダイエット料理、雑穀料理、糖尿病の方に向けた料理などの教室を開催しています。

「石橋工業」の大麦は系列店以外の飲食店や学校給食でも麦ご飯として使用され、スーパーでは押麦やお菓子などの加工品として販売されているので、会社のことを知らなくても同社の大麦は口にしたことがある人も多いはず。このアンテナショップ『むぎむぎcafe&shop』でその魅力に触れ、大麦をますます身近に感じてください。

取材・文:山内淳
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

むぎむぎcafe&shop

住所 福岡市中央区天神2丁目8-239 新天町南通り
TEL 092-713-2777
営業時間 営業:ランチ10:00~15:00、ディナー17:00~20:00(OS19:00)、カフェ10:00~20:00(OS19:00)、ショップ10:00~20:00
定休日 なし
URL http://www.mugibijin.co.jp/

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP