映画トピックス

2/18公開『一週間フレンズ。』舞台挨拶に川口春奈さん、松尾太陽さんが登場!

2017年02月14日 12:00 by 筒井あや

川口春奈と山﨑賢人のW主演で、アニメ化や舞台化もされた葉月抹茶氏の人気漫画を実写映画化した青春ラブストーリー『一週間フレンズ。』を実写映画化。

本作で藤宮香織を演じた川口春奈、長谷祐樹の友人で桐生将吾を演じた松尾太陽が舞台挨拶に登場!

――川口さんは長崎出身なので、故郷に近いかなと思いますが、福岡はいかがですか。

川口春奈:お友達がいるので福岡にはよく来ます。上京する前に福岡で美味しいものを食べたり遊んだりしていたのですごく大好きな場所です。

松尾太陽:僕はお仕事で来させて頂くことが多いのですが、本当にご飯がおいしいですよね。福岡って。ホントに魅力的な場所なので何度でも来たくなります。

――キラキラした感じがスクリーンからも伝わって来ますが、実際に同年代の山﨑賢人さんはじめたくさんの方々と共演されていかがでしたか?

川口春奈:楽しかったですね。同年代が多いので、普段は緊張して人見知りをしてしまうんですけど、すっとみなさんと馴染めて、和やかな雰囲気でお芝居をさせていただきました。

――お互いの印象はいかがでしたか?

松尾太陽:すごく演技に対してストイックだなと思ったのと、持っているものを(この映画の撮影で)全てぶつけている感じがして、僕は今回単独で映画に出演させていただくのは初めてだったんですけど、毎日勉強させていただきました。

――撮影のエピソードを聞かせてください。

松尾太陽:学校が舞台なので、みんなでワイワイしていました。山﨑賢人くんが僕のことを太陽(たかし)って呼んでくれて、うれしかったんです。映画の中で山﨑くんが「(役名の)将吾いっしょに帰ろうぜ」という台詞があるんですけど、その時に思わず「おう!太陽、いっしょに帰ろうぜ」って間違った場面があったんです。それくらい打ち解けられた現場で演技をさせていただけたというのは、気持ちを楽に持つことができたので、とてもいい思い出です。

川口春奈:寒い時期に学校で撮影することが多かったので、みんなでストーブを囲みながらご飯を食べたり、何気ない話をしたり、あとは太陽くんの歌声を聞いて癒やされたりしたのが楽しかったですね。

――ランタンのきれいなシーンも本当は寒い時期の撮影だったんですよね?

川口春奈:極寒の中で撮影したね。

松尾太陽:撮影したのが12月だったんですけど、その中でみんな浴衣を着ていたり、僕もTシャツ姿での撮影だったり。でも映像ではあたたかい雰囲気がちゃんと出ていたなと思います。

――この映画で気に入っているシーンや台詞はありますか?

川口春奈:ラストシーンですね。そのシーンを撮った時、色んな思いが溢れてきました。すごく前向きな希望が持てるシーンだと思うので大好きなシーンです。

松尾太陽:僕は、長谷祐樹(山﨑賢人)といっしょに火祭りをしているシーンです。そこで僕が演じる桐生将吾が初めて心を開いて本音を口にする瞬間なので、印象深いシーンです。

――映画の中で交換日記が出てきますが、お二人は交換日記の経験はありますか?

松尾太陽:僕は、交換日記じゃないですけど、小学校の時にクラスノートというのがあって、それに今日あった出来事とかを書いていました。クラスに一人や二人は面倒くさがる人がいると思うんですけど、僕たちの学校にはそういう人が一人もいなくて、クラスのみんなが毎日たくさん書いていたので、仲が良かったんだなと思い出しました。

川口春奈:私はしてましたね。今でも手紙を書いたりします。字を書くのが好きなんですけど、その方が気持ちがより丁寧に伝わると思うし、人からもらって一番うれしいのも手紙なんです。書いている時間に、自分のことを思ってくれているんだなと思えることがうれしいですね。

――松尾さんは長谷くん(山﨑賢人)のように、恋に積極的な方ですか?

松尾太陽:どどちらかというと、消極的なような気がします。相手のことをうかがったりしそうです。どんな人なんだろう?というところから探りに探っていくと思います。すごく心配性なので、慎重になるかもしれないです。

川口春奈:太陽くんらしいですね。なかなか劇中の長谷くんみたいに、人に自分の思いをストレートに、しかも何度も伝えるって勇気がいりますからね。でもやっぱり思いはストレートに伝えてくれた方が女子はうれしいと思います。

松尾太陽:参考にします(笑)

――最後にこれから観るみなさんへメッセージをお願いします。

松尾太陽:すごくあったかい雰囲気がある作品だと思います。自分の周りにいる人、友達が、どれだけ大切なのかということも改めて気づかせてもらえた作品です。悩んでいる人が、これを観た時に、何かしら答えが導きだせるような映画になっていると思うので、ぜひ何度でも大切な人と劇場に足を運んでもらいたいです。

川口春奈:長谷くんのように、真っ直ぐに誰かを想う気持ちは、すごくピュアであったかくて、時に切ないですけど、前向きな気持ちになれて素晴らしい心だなと思いました。私も香織という役に出会って、色んな気持ちになれてすごく心が動きました。自分が没頭して夢中になれた大好きな作品です。ぜひたくさんの方に愛してもらえたらうれしいです。

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP