ショッピング | ファッション

30年ぶりに天神エリアに復活! 古着屋の老舗が大名にオープン!!

2017年02月08日 19:00 by simoonu(シモーヌ)

アメリカをメインにした古着を取り扱う『西海岸』。倉庫など広々空間を使った大型古着店として有名で、今や福岡県内の郊外をはじめ全国に34店舗を展開しています。
そんな『西海岸』のルーツは、実は親富孝にあったことをご存知ですか?

1982年、親富孝通りに1号店をオープンしたのが『西海岸』の始まりで、当時、親富孝=ファッションが熱い街だった時代に、流行に敏感な若者の中で話題となっていたそうです。アメリカやヨーロッパからオシャレな古着を大量に仕入れるスタイルも、珍しい存在だったんでしょうね。1号店の親富孝通り店は1987年にクローズしたものの、幅広い世代から愛される古着ショップとして郊外に店舗展開を広げていきました。
そして先日の1月21日、30年ぶりに天神エリアの大名にカムバックを果たしたのです!!



大名店の『西海岸 ANCHOR』は他の店舗と比べて、空間も商品セレクトもひと味違っていて、オシャレさが倍増した雰囲気。
というのも、ここは街の特性に合わせてコンセプチュアルな店づくりをしているそうで、トレンド主義の若者を意識してインダストリアル&ヴィンテージ調のカッコイイ空間に仕上げたとか。



木材×アイアンの無骨な什器と、古い看板やサインを使った内装。レジ周りのレアものの玩具やオブジェも、コレクター魂をくすぐるポイント。カラーバリエーションが豊富な服の数々と、アメリカンヴィンテージ風な店内のムードが絶妙にマッチしています。

「『西海岸 ANCHOR』は、アメリカから古着を大量に仕入れ、毎日商品を入れ替えをすることで新鮮さを提供しています。また、状態の良いものやハイデザインな服、価値のあるヴィンテージアイテムも見どころなんですよ」と店長の山崎さん。
『西海岸』の中でこういったスタイルの店舗は今回が初の試み。大名店を皮切りに、今後もANCHORシリーズの店舗を増やしていく予定だとか。

店内に所狭しと並ぶアイテムですが、メンズはほぼアメリカのもの、レディースは国内をメインにアメリカや一部ヨーロッパのものも揃えています。


現在プッシュ中のウエアは、白のケーブルニット(4000円前後〜)。まだまだ冷え込む2〜3月には持っておきたいトレンドアイテムですよね!


メンズに人気のスタジャン(3000円前後〜)やMA-1、マウンテンパーカーも多彩なラインナップ! 自分に合う色やデザインを見つけられます!!


カジュアルに着崩すのに打ってつけのオーバーオールの品揃えもご覧の通り。絶妙な色合いはやっぱり古いモノならでは。他の人と被らないオシャレを楽しめますよ。


“価値あるヴィンテージ”を提供するだけあって、〈リーバイス501〉のデニムや、〈ショット〉のレザージャケット、made in USAの〈コンバース〉のスニーカー、有名ブランドのバッグ…などなど、欲しかったあの商品が手頃に揃うなんて嬉しい!


春に向けて注目したいのは、薄手のコーチジャケット(2,000円前後〜)や刺繍系のトップス(3,000円前後〜)、スウィングトップ(3,000円前後〜)。ここは春らしく、キレイな色の服を選んでパッと明るい印象にしたいですね♪


毎日商品を入荷するので、いつ来ても新しい何かに出会える楽しみが待っています。ぎっしり大量に服が並ぶ中で、商品選びに迷ったときは、一押しのアイテムやコーディネートのアドバイスをスタッフに聞いてみて。自分らしいお気に入りの服を見つけ出す楽しさと、満足感を味わいつくしましょう!!

取材・文:simoonu(シモーヌ)
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

西海岸 ANCHOR(アンカー)

住所 福岡市中央区大名1丁目12-5 アペゼビル1F
TEL 092-716-0515
営業時間 11:00〜20:00
定休日 なし
URL http://nisikaigan.com

関連するトピックスTOPICS

PAGE TOP