舞台

『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from 帝劇 to 博多』が、博多座で開幕!

※このイベントは2016年9月30日(金)をもって終了しました。

2016年09月22日 08:00 by 筒井あや

2012年の初演以来、帝国劇場(東京)で上演を重ねてきた、ジャニー喜多川氏のギネス世界認定作品『ジャニーズ・ワールド』が、新たに生まれ変わり、博多座に初登場!

博多座にて開幕した舞台『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from 帝劇 to 博多』。9月19日(月・祝)の公演初日前に、公開通し稽古が行われ、囲み取材に、舞台初主演、博多座史上最年少の座長をつとめる平野紫耀(Mr.KING)、神宮寺勇太、岩橋玄樹、岸優太(Prince)、内博貴が登場。

――いよいよ博多座の初日を迎えますがいかがですか?

平野紫耀:僕これまで自分の出演シーンで忙しくて、他のシーンをあまり観られていなかったのですが、今日の公開稽古で、「九州男児新鮮組」のみなさんのシーンや内くんのシーン、Princeのシーンを改めてちゃんと観ることができて、すごいパワーが出ているんだなと思いました。

――稽古は大変でしたか?

内博貴:そうですね。みんなのシーンは博多に入ってから変わったりもしていましたね。

平野紫耀:むしろここに来て結構変わりました。
岸優太:毎日変わっている気がします。この後も進化していくと思います。

――平野さんのアクロバットはいかがですか?

平野紫耀:フライングは全部合わせて三日間の稽古をしました。激突フライング、壁のフライング、そして今回新しいフライングがあるんですけど、三日間でギュッと詰めて練習して、後は博多に入ってからでしたね。劇場に入ってみないと解らないこともあるので。稽古も時間が少ない中で、いかにクオリティーを上げるかという感じでした。なので色んなアドバイスをいただきながら、稽古してましたね。特に内くんには、付きっきりでマンツーマンで教えていただきました。本当に助かりました。でもまだ僕自身、完成しているわけではないので、これからもどんどん内くんにアドバイスをもらって成長していけたらと思います。

――今回は内さん(プロデューサー役)との繋がりは濃いですよね。

内博貴:また新しい演目になったんじゃないかなと思いますね。紫耀だけじゃなく、みんなキラキラ輝いているから、俺も昔こんな時代があったな〜と思いながら観てます(笑)。みんな汗かいてアグレッシブにやっているから、観ていてすごく気持ちいいですし、僕もいい刺激を受けながらやらせてもらってます。

――Princeのみなさんもほとんど出ずっぱりですよね。

岸優太:そうですね。いい感じに出させていただいています(笑)。僕らとしては歌、お芝居、ダンス、この3種揃ってやれる機会はあまりないので、今回「ジャニーズ・フューチャー・ワールド」で体験できましたね。

岩橋玄樹:今回、僕と岸くんは太鼓に初めて挑戦しています。スネアや和太鼓は、やっていて楽しいですね。なので筋肉がついて来ちゃって、今、めっちゃマッチョなんですよ。今回は男らしくこの舞台に臨もうかと思っています。

神宮寺勇太:スネアって、みんなで合わせる競技なので、何回も確認したりしました。でも覚えるのがみんなすごく早いんですよ。僕は以前も挑戦したことがあるのですが、みんなに追いつかれるんじゃないかと心配で結構練習しましたね。

――最後に座長から一言

平野紫耀:今回、九州のダンサーのみなさんとコラボするシーンがたくさんあります。僕たちも張り切って舞台に臨んでいるんですけど、九州のみなさんも共に仲間として頑張っています。この作品で九州・熊本の震災で被災された方へ元気を届けられたらと思っています。九州の方はもちろんですが、全国の方にも観に来ていただけるとうれしいです。

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

『ジャニーズ・フューチャー・ワールド from 帝劇 to 博多』EVENT

期間 ~2016年9月30日(金)
料金 A席 13,500円、B席 9,000円、C席 5,000円(※全席完売)
お問い合わせ 博多座(TEL.:092-263-5555)

プレイス情報PLACE

博多座

住所 福岡市博多区下川端町2丁目1
TEL 092-263-5555
URL http://www.hakataza.co.jp/
PAGE TOP