グルメ

「bills 福岡」のリバーサイドで楽しむ、大人な DAY & NIGHT

2016年08月09日 12:00 by 筒井あや

7月15日(金)のオープン以来、行列が絶えず早くも福岡の人気店となっている「bills(ビルズ)福岡」。ニューヨークタイムズやフィナンシャルタイムズなど世界有名各紙で『世界一の卵料理』と評された「オーガニックスクランブルエッグ」や俳優のレオナルド・ディカプリオが愛してやまないと話題の「リコッタパンケーキ」も人気のひとつ。

ではありますが、本当の「bills 福岡」の実力を、まだまだ伝えきれていないのでは!?ということで、今回はブランチタイムやナイトタイムにも楽しめる「bills 福岡」をご紹介します。

そもそもオーストラリアのレストランターのBill Grangerが、世界中の美食家から愛される理由は、リラックスしたスタイルと新鮮な素材の味を生かした料理にあるのです。もちろん、「bills 福岡」の店内にも、そのスピリットが生かされています。

印象的なのは、このテラス席。この季節は、自然の風が心地よい午後〜夜にかけての時間がおすすめ。親子で水辺を眺めながら会話を楽しんだり、ひとりでゆっくり過ごしたい時間など、楽しみ方もそれぞれ。

たくさんの本とアートに囲まれた開放的な空間に、美味しい料理のできあがりを目でも楽しめるオープンキッチン。カジュアルで居心地のよい空間、アットホームでありながらも気遣いが心地よいスタッフが、訪れるお客様をリラックスさせてくれます。

そんな「bills 福岡」でマストで食べたいお料理のひとつが「アヒポキサラダ」(1,500円/税別)。今女性に人気の“パワーサラダ”ですね。マグロやアボカド、キュウリ、トマトなどをポキスタイルに仕上げ、パクチーをたっぷりのせ、ブラウンライス(玄米)といっしょにワンプレートでいただくボリュームたっぷりのサラダ。全部を混ぜて食べるのですが、このたくさんの食材をまとめてくれるのが、ジンジャーベースの自家製ソース。さらに玄米が味も食感もいい感じのアクセントになるんです!添えられたライムをぎゅ〜っとしぼると、さらに美味しさもパワーアップ。
ビル・グレンジャーが世界中を旅して受けたインスピレーションから生み出された、シーズンメニューのひとつです。
※アヒ=マグロ
※ポキ=もとはハワイ語で「切身」を意味する言葉。現在では調味料に漬け込んだ魚介類の料理を指す。日本でいうヅケですね。

初夏の新メニューをもうひとつ。ボリュームたっぷりなのに、後を引く美味しさでついつい食べちゃう「フライドチキンバーガー」(1,300円/税別)。外側はカリッと、中はジューシーに揚げたフライドチキンに、レッドマヨネーズ(アイオリソースに、エスプレッソとシラチャソースをブレンドした自家製ソース)、さっぱりソースで和えたたっぷりのお野菜を、ほんのり甘いバンズでサンドした、食べ応え満点のサンドイッチ。ピリッとスパイシーなレッドソースが効いて、思わずビールを飲みたくなる一品。暑い夏に冷えたビールといっしょに食べたらサイコーです!

もちろん春夏の新メニューは他にもたくさんあります。ぜひランチタイムやお酒が楽しめるディナータイムにも足を運んでみてください。さらにお料理だけでなく、フレッシュなフルーツやハーブ、スーパーフードを使用したオリジナルのドリンクも用意されていて、ドリンクはテイクアウトも出来るそうですよ!

「bills 福岡」に来れば、世界のトレンドを知ることができるというのも魅力のひとつです。楽しみ方は人それぞれ。朝食やティータイムだけでなく自分に合った楽しみ方を見つけてみてはいかがですか?

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

bills 福岡(ビルズ福岡)

住所 福岡市中央区西中洲13-1
TEL 092-733-2555
営業時間 8:30〜23:00(FOOD22:00LO、DRINK22:30LO)
定休日 不定休
URL http://bills-jp.net/ja
PAGE TOP