映画トピックス | イベント

映画「シン・ゴジラ」公開記念!ゴジラを乗せたトレーラーが福岡の街をゆく!

2016年07月15日 15:00 by JUN

史上最大にして、最強のゴジラ“誕生”――。

第1作の『ゴジラ』(1954年)が公開されてから約60年、現在までに国内で計28作品が製作され、1億人に迫る累計観客動員数を記録するなど、日本を代表するシリーズ映画として君臨する「ゴジラ」。2016年7月29日(金)、ついに完全新作・オリジナル脚本の新しい日本版ゴジラ映画「シン・ゴジラ」が公開されます。

このたび「シン・ゴジラ」の公開を記念して、ゴジラを載せた迫力のあるアドトレーラーが登場します!

〈展示場所・日時〉
●2016年7月16日(土)大丸横 エルガーラ・パサージュ広場(10:00~16:00)
●2016年7月18日(月)福岡タワー前広場(11:00~14:00)
※展示場所は天候や諸状況により変更になる可能性があります

 

■「シン・ゴジラ」

脚本・総監督は、人気アニメーション「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親にして、日本のみならず世界中にファンをもつ庵野秀明。また、監督と、東宝特撮伝統の特技監督を兼務するのは、庵野氏の長年の盟友・樋口真嗣。

本作の「ゴジラ」は史上最大となる体長118.5メートルのスケールはもちろん、全く新しいデザインで生み出されたその姿は、我々の想像を遥かに超える最強の完全生物として“大いなる恐怖”をもってスクリーンに現れます。

一方、出演陣もゴジラに立ち向かうにふさわしい、超豪華俳優陣が集結!長谷川博己・竹野内豊・石原さとみをはじめ、総勢328名が参加。

庵野総監督が脚本で描く本作のテーマは「今の日本に初めてゴジラが現れたら、我々は一体どうなるのか?」――1,000人規模で編成されたスタッフによる、かつてない規模の撮影により、圧倒的なリアリティをもってゴジラのいる“現実”を忠実に再現した、この夏必見の映画です。

【公開】2016年7月29日(金)より、TOHOシネマズ天神、ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13、T・ジョイ博多ほかにて公開

【オフィシャルサイト】http://www.shin-godzilla.jp/

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP