舞台

井上芳雄が世界的ロングベストセラー『夜と霧』をリーディングで開催

※このイベントは2016年9月6日(火)をもって終了しました。

2016年07月13日 08:00 by 筒井あや

人類の悪夢アウシュビッツから奇跡の生還を果たした心理学者フランクルの名著「夜と霧」、
そこでの出来事を、あたかも体験した人のごとく井上芳雄は語る————。

生きることは、どんな状況でも意味がある《人間とは何か》を描いたロングベストセラー『夜と霧』。

『夜と霧』とは、精神医学者で心理学者のヴィクトール・E・フランクルが、自身の第二次世界大戦中、ナチスにより強制収容所に送られた体験を綴った体験 記。原著は1947年に発表され、日本でも1956年に『夜と霧』のタイトルで発表され、ロングベストセラーとなっている名作。

井上芳雄自身も“生涯の一冊”としている思い入れのある原作。

本作に寄せて井上芳雄は“人生の一冊”とし、
「子供の頃に母から「これだけは読んでおきなさい」と薦められて以来、『夜と霧』は僕の生涯の一冊です。今回、その「夜と霧」のリーディングのお話を頂いた時はとても驚きました。この本は様々な奇跡が重なって生まれた、全ての人にとって貴重な本だと思います。これは決してホロコーストの時代だけの話ではなく、今を生きる私たちにも計り知れない勇気を与えてくれます。
自分が人生に何かを望むのではなく、人生が自分に何を望んでいるか。
与えられた機会に感謝して、不必要なものを全て捨て、一人の人間として舞台に立ちたいと思います。」

と語っている。

ミュージカルで歌い、踊る井上芳雄も素晴らしいですが、じっくり人生と対話するように語るリーディングも、新たな“俳優”としての姿を見せてくれます。

 

「井上芳雄による夜と霧~苦しみの果て、それでも人生に然りと云う~」は、
9月6日(火)電気ビル みらいホールにて

チケットは7月16日(土)発売

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

井上芳雄による『夜と霧』~苦しみの果て、それでも人生に然りと云う~EVENT

期間 2016年9月6日(火)
時間 14:00
料金 全席指定6,500円
チケット発売日 2016年7月16日
お問い合わせ ピクニックチケットセンター(TEL:050-3539-8330)

プレイス情報PLACE

電気ビル みらいホール

住所 福岡市中央区渡辺通2丁目1番82号 電気ビル共創館4階
TEL 0120-222-084
PAGE TOP