イベント

歴代フチ子が登場!『奇譚クラブ10周年展』ガチャガチャの軌跡(奇蹟)が一堂に集結!

※このイベントは2016年7月10日(日)をもって終了しました。

2016年06月29日 18:00 by 筒井あや

『奇譚クラブ』とは、主にガチャガチャの中に入っているアイテムを作り続けている会社で、今のガチャガチャブームの火付け役と言ってもいいほど。今年10周年を迎え、これまで制作してきたアイテム、約2,900点を一堂に展示する展覧会がパルコミュージアムにて開催中です。初開催した渋谷パルコでは1万人を超える動員だったということが、その人気の高さを物語っています。

本物と見紛うばかりの精緻な作りに、最初に見た時はホントに舐め回すように見てしまったことを思い出します。そして、このガチャガチャから生まれた大ヒットアイテムが『コップのフチ子』。登場するや否や、OLさんを始め女性がこぞってガチャガチャをやりに行くという現象も巻き起こしたほどの人気ぶり。

その展覧会の様子をご紹介します〜!

会場に入ってすぐは、ガチャガチャを抱えたフチ子がお迎え!

始まりはこれ!まるで水族館から出て来たような、リアリティー。手を抜かない完璧な制作が人気の所以ですね。元々ユージン(現タカラトミーアーツ)のガチャガチャのアイテムを制作している部門で制作していた方が立ち上げられたのが『奇譚クラブ』。会社を立ち上げてようやく第一弾を発売したのが2008年。ココから『奇譚クラブ』の奇蹟のストーリーが始まります。

……と、順番に紹介していたら、大変な事になるので、今回は、私が個人的に大好きだったものをまとめてご紹介します!

まずは最近テレビドラマで大ブレイクの片桐仁さんの粘土アート。こんなに“まんま”出来上がってる!これは欲しい!片桐仁さんの粘土細工を見た時も驚いたけど、それがこのガチャガチャサイズになると感慨深い!(なぜ?笑)

続いて、お笑い芸人シリーズ。その人の特徴やギャグをやっているかのような躍動感(?)、これはたまらないですね〜!なぜお笑い芸人をモチーフにしたかというと「スタッフがファンだったから」とのこと。奇譚クラブでは、“好きな人が好きなものを作る”というルールで制作されているそう。好きこそ物の上手なれ、とはよく言ったものです。これも見ただけで笑っちゃう、そんな作り手の“愛”が見えます。

『奇譚クラブ』ガチャガチャの人気を押し上げたひとつが、この動物シリーズ。スタートもこのシリーズだったので、もっと他の動物を!と願った人も多いですよね。そしてこのシリーズは、有名水族館とコラボした作品も多く、現地に行かないと手に入らないものもあるようです。思わず「お見事!」と言ってしまうクオリティー。

人気キャラクターとも数多くコラボしています。これはコップのフチ子シリーズですね。大好きなキャラクターがいつも自分のコップにいてくれるなんて!幸せ!だた、キャラクターをそのまま作るのではなく、ちゃんとこのキャラがコップのフチにいたら、こんな感じになりそうだ、というポーズを作っているところもニクい!!そりゃ欲しくなるでしょーよ!

お待たせしました!「コップのフチ子シリーズ」。左上の写真が、この世にフチ子が登場した最初の2012年の作品。ここからカラバリ、ポーズを換えて、今もまだ進化し続けています。サクランボを持っているのが第2弾、クローバーを持っているのが第3弾。

そしてフチ子シリーズは進化を続ける途中で、こんなバージョンも登場!「コップのソコ子」や耳栓として使える「An&Min」。生活のあらゆるシーンにフチ子がいるんですね〜。

まだまだあります。シーズンフチ子。季節限定で登場したシリーズ。バレンタインやクリスマス、サマーバケーションなど、これでもか!というほどバリエーション豊か。

もうね、ここに載せられないほどたくさんあるのですよ。フチ子だけでも。なのでこの続きは会場で実際に見てみてください!!

他にも人気の「スマホのお布団」シリーズや猫がスマホを支える「くいとめるニャー」、大人気の“かえる”シリーズや“きのこ”シリーズなど、とにかく会場中に目一杯展示されています。

そして展覧会終盤には、動物シリーズで制作されたジオラマも登場!これ、まじスゴい!

まだ発売になっていないアイテムも展示されてるので、こちらもチラ見してみてください!

 

この長い道のりをナビゲートしてくれたのは、『奇譚クラブ』広報の「コップのシキ子」さん。何の疑問も無くフチ子スタイルに身を包み、丁寧に案内してくださいました。この妖しげなフチ子スタイルのお兄さんを見つけたら、根掘り葉掘り聞いてみてください!何でも応えてくれますよ〜。

で、ここで終るのはちょっと……なので、最後は10周年記念のフチ子たちをご紹介して終わりにしま〜す!

フチ子600体が集まった「フチ子だらけの部屋」。あらゆる所から顔を出しているので、相当時間があったら何体あるか数えてみてください。。。まあ、600体ですけどね。でもどれくらいまで数えられるか!ですね。(他のお客様の迷惑にならないように!)

10周年記念のフチ子ちゃん。抱いているカプセルの中には、ミクロなフチ子もいますよ!(これもフチにぶら下がるんですよ!すげぇ!)と会場限定販売のゴールドフチ子。これはぜひゲットしてください!

今回の入場チケット。これもちゃんとフチに座れちゃうんです!こんな細かいところにも手を抜かない感じがファンとしてはうれしいですよね!!

最後になりましたが、会場には特設ガチャガチャコーナーも設置されています。激レアなものもあったりするので、ぜひ行ってみて、一回、二回、三回……と、回してみてください!(有料)

 

福岡パルコ本館8Fで開催中の『奇譚クラブ 10周年展』は、7月10日(日)まで。

 

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

『奇譚クラブ10周年展』in 福岡PARCOEVENT

期間 ~2016年7月10日(日)
時間 10:00〜20:00(入場は19:30まで)※最終日は20:30まで(※最終日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)
料金 一般500円、学生400円(小学生以下無料)
お問い合わせ 福岡パルコ代表(TEL:092-235-7000)

プレイス情報PLACE

福岡パルコ

住所 福岡市中央区天神2丁目11−1
TEL 092-235-7000
営業時間 10:00〜21:00
URL http://www.parco-fukuoka.com/web/
PAGE TOP