ショッピング | まち | 新店舗オープン

ランドセルが届いた日のワクワクを覚えていますか?

2016年05月22日 08:00 by 玲奈

初めて、ランドセルを背負ったあの日。ピカピカのランドセルがめちゃくちゃ誇らしくて、入学式が楽しみで仕方なかった気持ちを覚えていますか?大人になって初めて気づくことのひとつに、ランドセルに込められた深い愛情があります。そう、ランドセルは単なる道具ではなく、お父さん・お母さん・おじいちゃん・おばあちゃんの愛情をそのまま形にしたもの。子どもの体を守る構造、安全の仕様など、細部のひとつひとつに日本の職人の技が息づいています。

5月1日(日)、そんなランドセルとランドセルに込められたあったかな想いが詰まった「フィットちゃんランドセル福岡ショールーム by アツタキッズガーデン」がオープンしました。店内には100種をこえるランドセルをはじめ、子どもへの優しさを基準に世界中からセレクトした絵本や雑貨、靴までがずらり。お母さんや子どもが“自分らしく”楽しめる、家族みんなの「あったらいいな」が詰まっています。

 

こちらは子ども部屋の提案。釘を使わず組み立てるスイスの<コン・ドット・テンポラリー・ファニチャー>の机から、機能的な小物まで全部ココで買えるんです。

 

久留米に本社を構える<アサヒシューズ>。シンプルで履きやすく、可愛らしさ全開の園児履きは各1,602円。子供が毎日使うものだから、お手頃価格も魅力です。

 

カラフルなキッズ用<ポーター>やマザーズバッグで人気のドイツ<レッシグ>など、安心素材の丈夫なバッグも種類豊富にセレクト。使いやすい文房具、1点物のレトロなおもちゃにもご注目。

デザイナー ほしのしほさんが手掛ける<フォアルオブ>のバッグ。軽くてざらっとした質感が特徴的なペーパークロスという生地を使用。軽くて持ちやすく、使い込むほどあたりが出て光沢が出るそう。奥から、マザーズバッグばりの収納力を誇るイクメンバッグ10,584円、A4サイズのサコッシュ3,888円、フラットポーチ2,700円。

 

黒板の地面にチョークで道を描き、自分だけの町並みが作れる木のおもちゃ4,680円。創造力がふくらんで、大人も夢中になってしまいます。

 

また、ギフトにも喜ばれそうなオススメのサービスが世界にひとつだけの「こまもり」と「ランドセルのリメイク」。

子どもの作品がなんとお守りに。「こまもり(お仕立て券)」2,592円は、好きな絵(表)と文字(裏)をかいて郵送すると約3週間で自宅まで送ってもらえます。

これからも、ずっと一緒にいたいから。6年間使ったランドセルを財布にリメイク21,600円。小さな傷にも思い出がこもっています。

 

 

こんな愛情たっぷりのアイテムが揃うアツタキッズガーデン。そのオリジナルのコインケース1,058円は、石巻市にあるウエットスーツメーカーが作るウエットスーツの端切れを利用したもの。「はじめの一歩のすぐそばに」のキャッチフレーズが心にしみます。

 

店内の一角には、ワークショップスペースが。月に一度、内容もさまざまに親子で参加できるワークショップが開催されます。普段は子どもたちの遊び場として、黒板の壁は自由に落書きして楽しむこともできます。

 

こちらも、子どもが時間を忘れて遊べるエグゼクティブスペース。ボルダリングしたり絵本を読んだり。月に1度(第2土曜日10:30〜)絵本の読み聞かせもあります。

 

ランドセルがまだ必要ない赤ちゃんからランドセル絶賛愛用中の小学生まで、子どもならいつ行っても楽しめて、大人ならランドセルを買ったときの幸せな気持ちが蘇る。アツタキッズガーデンには、いつ訪れても楽しい発見が待っていそうです。

取材・文:玲奈
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

フィットちゃんランドセル福岡ショールーム by アツタキッズガーデン

住所 福岡市中央区大名1丁目3-14 花形館1F
TEL 092-406-4445
営業時間 11:00〜18:00
定休日 水曜日
URL http://atsuta-kids.jp/about.html
PAGE TOP