グルメ | 新店舗オープン

手頃に宮崎牛が味わえ、本格的な韓国料理も魅力!

2016年05月17日 08:00 by 木下 貴子

肉ブームの勢いが続く福岡に、また新たなる焼肉店が登場しました。その名も『メゾン ド 肉人』!『肉人』の読み方は“ミート”と、一度聞いたら忘れられない印象的な店名です。場所は渡辺通の繁華街に新しくできたビルの2F。『肉人』の名前からマッスルな印象を抱いて向かいましたが、店は逆にスタイリッシュ。エジソンランプのオレンジ色の光が、お洒落ムードを一層と高めます。

↑ゆったりと配置されたテーブル席。窓側にはカウンター席が設けられ、デートにもオススメ。

 

使用するお肉は「宮崎牛」。宮崎で飼育された黒毛和種のうち日本格付境界の検査により「4等級・5等級」にランクされたものが「宮崎牛」とされ、つまり高級肉なわけですが、それでいてお手頃価格!「ロース」は972円、「カルビ」は918円でいただけ、さらに1ランク上のメニューも「肉人プレミアムリブロース」(1,944円)、「極上肉人カルビ」(1,296円)、「極上肉人ロース」(1,404円)というふうに、ちょっと頑張れば手の届く価格帯で提供されています。『肉人』ではこの豊かな風味と芳醇でジューシーな味わいが特徴の「宮崎牛」の持ち味を存分に感じてもらいたいと、基本は厚切りで。「とても柔らかいですし、厚みのある方が肉の甘さをより感じらていただけます」と店長の山本さん。「和牛オリンピック2連覇を遂げた『宮崎牛』ですが、その日本一に輝いた理由は、食べていただいたら分かります」。定番メニューのほか、本日限定の稀少部位、「リブ芯の贅沢うに巻」(1,026円)や「極上炙り肉にぎり」(2貫864円)といったオリジナルメニューも楽しめます。

↑お通しに出でてくる山盛りのキャベツ! 箸休めにさっぱりいただいたり、お肉に巻いて食べたり。何度でも無料でおかわりできます。

↑サシが美しく入った「極上肉人カルビ」。お肉はお好みの厚さに調整もできます。

↑薄切りの「炙ってしゃぶロース」(1,620円)。さっと炙っていただくと、脂の甘さが絶品!

↑「極上炙り肉にぎり」。

 

ホルモンメニューやサイドメニューも充実。特にサイドメニューは、手作りキムチや本格的な韓国料理がずらり。チヂミ、トッポギ、チャプチェ、チゲ、石焼きビビンバ、冷麺、辛ラーメンというふうに、専門店に匹敵する内容です。ドリンクは肉人イチオシのシャーベット状になった「シャリシャリレモンサワー」(540円)をはじめ、ビール、ハイボール、焼酎、日本酒、カクテルなど幅広く揃います。なかでもワインに力を入れ、1本2468円のコスパワインを10種用意するほか、種類豊富に取りそろえます。

↑ホルモンは鮮度抜群!「多少ロスが出ることになっても、その日仕入れた生ホルモンしか使いません。生と冷凍では味が全然違いますから」と山本さん。

↑エビ、タコ、イカ、ニラ、ネギと具沢山の「メゾン ド 肉人のわすれられない海鮮パジョン」(1,296円)。

 

コースは3,500円から。特別な日や記念日でなくても、極上焼肉とワインを楽しめる店。個室もあるので、グループでの宴会や、小さなお子様連れのご家族も気軽に利用できます。6月からはランチもスタート。いろいろなシーンに重宝しそうです!

↑ゆっくり過ごせる個室。2室用意されています。

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

Maison de 肉人(メゾン ド 肉人)

住所 中央区渡辺通2丁目2-8 デンエンビル2F
TEL 092-752-1688
営業時間 17:00~25:00(OS24:00)※6月からはランチ11:00~14:30(平日のみ)
定休日 不定
URL http://maisondemeat1688.jp/
PAGE TOP