グルメ

福太郎の明太子をとことん楽しめる注目スポット!

2016年04月07日 12:00 by 山田 祐一郎

福岡の名物といえば、辛子明太子。福岡県内には辛子明太子の製造元がいくつかありますが、味の良さで知られるのが「味のめんたい福太郎」(以下、福太郎)です。一般的な辛子明太子は一度だけ調味液に漬け込んで仕上げますが、それでは味に染み渡らないと、「福太郎」では二度漬けを採用。中までしっかりと旨味が染みた一品に仕上げています。

そんな辛子明太子が天神界隈でお得に楽しめる場所があるんです。それが「福太郎 天神テルラ店」。ここは「福太郎」の直営店で、1Fの物販販売コーナーの横に設けられた飲食スペースは、知る人ぞ知るランチスポットです。
初来店者はそのスタイルに驚くに違いありません。というのが、お土産としても人気の高い明太子は、もらって嬉しい一品。つまり、ちょっとお値段が高めで、大切に、少しずつ食べる印象があると思いますが、ここではごはんメニューを注文すると、日替わりの明太子&和え物めんたいがお替わり自由(最低限のマナーとして頼みすぎて残すような勿体無いことはしないように!)。さらに白ごはんのお替わりは1杯目は無料、2杯目以降は+150円というシステムが採用されています。思う存分、明太子が堪能できるのです。

メニューは「福太郎のめんたいボウル」が480円とアンダー500円。生卵付きで、お替わり必至のコンビネーション。目玉は、「福太郎の錦盛りボウル」680円です。明太子、ウニ、イクラ、ホタテ、めかぶが、たっぷりの海苔とともに豪快に盛られた一品で、明太子のプチプチ感、イクラの弾ける食感、ウニのとろっと感、めかぶのネバネバ感、これらが渾然一体となって舌を喜ばせてくれます。そのほか、ごまだれで和えた鯛と明太子でお茶漬けが楽しめる「福太郎の博多茶漬け膳」780円も数量限定であります。アフタードリンクが150円、アフターデザート(写真参照)もお値打感があります。食べて大満足の明太子、次回のお土産候補になること請け合いです。

ちなみに、10時以降には明太子とバターをたっぷり挟んだ「明太バターフランス」(ミニサラダ、ドリンク付きで450円)という魅力的なメニューもあり、モーニングで人気を集めているようですよ。

また、本社売店(福岡市南区五十川1-1-1)が3月18日にリニューアルし、錦盛りボウルやめんたいボウルが食べられるカフェスペースが誕生。本社に併設されているめんたい工場では無料のめんたい工場見学や試食も楽しめますよ。

※錦盛り 鯛茶漬けは数量限定
※食事(メニュー)や席の予約はできません


【1】福太郎の「錦盛りボウル」は味噌汁、小鉢付で680円。この日の日替わりの明太子は柚子風味、和え物めんたいは白魚でした。【2】ランチメニューとセットにできる「めんべい白玉ソフト」175円。(単品350円)【3】1Fにカフェスペースがあります。明太子の販売もあるので、県外からの友人を連れて行くと喜ばれそう。

 

取材・文:山田 祐一郎
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

福太郎 天神テルラ店

住所 福岡市中央区渡辺通5丁目25−18 天神テルラビル1F
TEL 092-713-4441
営業時間 9:30〜20:00
定休日 年末年始
URL http://www.fukutaro.co.jp/
PAGE TOP