イベント | 舞台

日本初演32年目にして、さらに飛躍を続けるミュージカル『アニー』が、新キャストで福岡へ!

※このイベントは2016年8月21日(日)をもって終了しました。

2016年04月03日 08:00 by 筒井あや

2014年の30周年を経てなお、飛躍を続けるミュージカル『アニー』。2016年は、昨年11月に、6歳から15歳までの約9,000名のオーディション応募者の中から、選ばれた河内桃子さん(小学4年生・10歳)、池田葵さん(小学6年生・11歳)がアニーを演じます。

日本テレビ主催の『アニー』は、1986年4月に東京・青山劇場で初めて上演。ブロードウェイ版の素晴らしさを損なうことなく、同時に、原作や当時のアメリカの社会背景を知らない日本人にもわかりやす描かれています。時代や世代を越えて胸をうつ普遍的な愛と勇気と希望のストーリー、劇場を出たあとも口ずさみたくなる楽しい音楽、そして細やかに刷新される演出とキャストにより、一昨年30年目を迎え、上演回数も1,675回を超えました。これまで多くの人たちに深い感動を与え、まさに国民的ミュージカルとなった日本版『アニー』。新しく選ばれたアニーといっしょに夢と希望と感動を伝えてくれます。

【ストーリー】
舞台は1933年のニューヨーク。世界大恐慌直後の街は、仕事も住む家もない人であふれていました。誰もが希望を失っているなか、11歳の女の子アニーだけは元気いっぱい。11年前、孤児院の前に置き去りにされたというのに、いつか両親が迎えに来ると信じて、逆境にひるむことなく前向きに生きています。
そんなある日、大富豪オリバー・ウォーバックスの秘書グレースに気に入られたアニーは、クリスマスの2週間をウォーバックスのもとで過ごすことに。明るいアニーに孤独な心をなぐさめられたウォーバックスは、アニーを養女にしたいと思うようになります。しかしアニーは、本当の両親と暮らすという夢をあきらめきれません。その強い気持ちに打たれたウォーバックスは、懸賞金をかけて彼女の両親を捜すことにします。
ところが、それを知った孤児院の院長ミス・ハニガンと弟ルースター、その恋人のリリーは、懸賞金目当てに悪だくみを始めて……。アニーの夢はかなうのでしょうか?


ミュージカル『アニー』は、8月20日(土)、21日(日)福岡市民会館にて。
チケットは好評発売中!

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

丸美屋食品ミュージカル『アニー』EVENT

期間 2016年8月20日(土)~2016年8月21日(日)
時間 8/20(土)・21(日)各日11:30・16:00
料金 S席-8,500円、A席-7,500円
主催者URL http://www.kyodo-west.co.jp
●会場:福岡市民会館

※4歳未満入場不可
お問い合わせ キョードー西日本(TEL:092-714-0159)

プレイス情報PLACE

福岡市民会館

住所 福岡市中央区天神5丁目1−23
TEL 092-761-6567
PAGE TOP