グルメ | イベント

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!まずは「ライオン広場」で!イムズで!情報収集を〜

2016年03月18日 08:00 by ソノユウ。

やっと、やっと、やっと温かくなりましたね♪
待ち遠しかった!この春のそよ風、春の陽だまり…。
もうこうなると、“旅好き”の虫がもそもそ起き上がって参ります。
学生のみなさんは、卒業旅行、春休みのレジャーでと
すぐにでも旅の計画を実行できそうですね。

働く社会人のみなさんは、週末を利用したプチ旅などいかがでしょう?
その行く先に、いいご提案がありますよ。長崎県松浦市です。

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


「最近、よく聞くなあ、このまちの名前…」という方も多かろうと思いますが
それもそのはず、松浦市のアンテナショップがイムズ(地下1階)にあり、
ランチタイム(出張!まつらめし)、木曜夜(まつら夕市)には
行列!のにぎわいを見せているのですから。

「出張!まつらめし」は、海の幸もてんこ盛りな新ランチ企画で
ランチタイムだけの“刺身食べ放題”の海鮮丼です。
桶盛りの刺身を自分で選んで自分で盛る他店にない企画で、
1日100食を上回る大ヒットになりました。
●まつらめし1,580円
(サラダバー・ドリンクバー・デザート付き)

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


一方、「まつら夕市」は、木曜日だけのお楽しみ!
松浦市から直送される鷹ふぐバルショーケースの中には、
松浦産のあじ、さば、あわび、岩がきなど旬の海鮮がずらりと勢揃い。
お好みの魚を選んで料理長に相談しながら美味しさ一番!の調理法をご注文ください。
500円以上ご飲食の方 ハイボール 1杯100円!
●まつら夕市 木曜16:59〜
(お好みの魚を+100円で好みの調理法でお出しします)

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


アンテナショップですから当然、松浦市の見どころ、食べどころ、遊びどころは
ここに来ればバッチリ!情報収集にはベストです。

さらに、来る3月31日には、松浦市を知る<コンセプトブック>
『meets!まつら本』が発行となります!
※現在制作中!(B5版・64P・オールカラー)

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


「ラブエフエム」が全面サポートし、
“海と島のまち・松浦市”の魅力をディープに取材&撮影!
グルメ、歴史、交流体験という観光コンテンツを
豪快!に、ファンキー!に、時に真っ直ぐ堅気に!ご紹介いたします。

美味しい春を味わう旅、

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


歴史ロマンを探す旅、

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


海・山・島の交流体験でレジャーを楽しむ春。

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


松浦市で味わえる旅情報が満載です。まずは
この『We meets!まつら本』をぜひ手に入れてください!
<松浦市ファンクラブ会員>への簡単な入会手続き(名前とメルアドのみ記載)で
『meets!まつら本』を無料でプレゼントします!
福岡市内の配布場所は「鷹ふぐバル松浦(イムズ地下1階)」です!※3月31日(水)〜/限定数

さて、もうひとつ。
松浦市の「歴史」の中でもビッグコンテンツ!となる
「水中考古学」のバーチャル体験イベント
【出張!バーチャル水中考古学ミュージアム】が、なんと天神にやって来ます!

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


3月19(土)・20(日)の2日間、11:00〜18:00まで三越ライオン広場にて開催。
これは、2011年秋に松浦市鷹島沖の海底で鎌倉時代に沈没した
「元寇船」が発見されたことによりこれまで文献や絵画によってしか知られなかった
蒙古襲来(=元寇)の具体的様相が明らかになったとして、
海底遺跡では日本で初めて国指定史跡となった
鷹島神崎(たかしまこうざき)遺跡がテーマ。

会場では、360度のパノラマ映像で海底に眠る
約730年前の元寇船がよみがえる「ヘッドマウントディスプレイ」の
装着体験が可能なほか、海底から引き揚げられた遺物を
見て、触って体感できるコーナーも!詳細は下記URLをご覧ください。
http://tenjinsite.jp/topics/detail.php?hid=44262

さて、この鷹島には、春の旅行先にぴったり!なスポットがあります!
「鷹島モンゴル村」です。

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


風に揺れる緑の大草原、その向こうには美しい島々ときらめく紺碧の海。
2015年夏、大幅リニューアルを果たした「鷹島モンゴル村には、
心が解き放たれるような大自然が広がっています。
その中には、遊牧民たちが暮らすゲルが点在し、
ひとたび民族衣装を着れば、一気にモンゴル気分もマックス!

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


ここは島ならではの“鷹島グルメ”に
絶景の天然温泉、動物たちとのふれあいにアスレチック…
と、家族みんなが1日中遊べる体験型のテーマパーク。
福岡都市圏からクルマで約1時間30分と、日帰りにピッタリのスポットです。
とくに、ペットアニマルワールド「PAW(パウ)」は
大人気の長崎バイオパークのコンテンツで、昨年、
この鷹島モンゴル村内にオープン!
「PAW」とはイヌやネコなど、身近な動物たちが住む家のこと。
ここでは可愛い動物たちと思いっきりふれあうことができます。

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


そうそう、カピバラの「かぴ鷹の湯」に入湯中のカピバラは必見!
随時エサやり体験(有料)も可能ですので、
ぜひ動物たちとのひとときをお楽しみください。

天神から行く!長崎・松浦という新しいローカル!


グルメ、歴史、体験のまち「松浦市」へは、
福岡市から車で約1時間半。ぜひ、お立ち寄り下さい!
●鷹島まで車で約90分
(北波多ICで下車)
●福島まで車で約90分
(北波多ICで下車)
●松浦まで車で約110分
(南波多谷口ICで下車)

松浦市(公式ホームページ)
http://www.city-matsuura.jp/
http://meetsmatsura.wix.com/nicemeets

【長崎県松浦市福岡事務所】
●住所:福岡市中央区大名2-8-18 天神パークビル4F
●電話/FAX:092-406-2180
●E-Mail:matsuura.f@city.matsuura.lg.jp

取材・文:ソノユウ。
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP