舞台

結末は288通り。今回の犯人を決めるのは観ているあなた!観客参加型 異色のコメディ・ミュージカル『ミュージカル エドウィン・ドルードの謎』

※このイベントは2016年5月15日(日)をもって終了しました。

2016年02月18日 18:00 by 筒井あや

作家・チャールズ・ディケンズの死去により絶筆となったミステリー小説を原作とした『ミュージカル エドウィン・ドルードの謎』。1985年にブロードウェイで初演され、翌年1986年のトニー賞でミュージカル作品賞、脚本賞、楽曲賞など計5部門を獲得、そして2013年再演時もリバイバル作品賞にノミネートされるなど好評を博した。

原作が未完であるため、事件の犯人など作中で明かされていない部分は観客の投票に委ねられ、その結末は288通りにも変化するというユニークな作品。演出は、これまで数々の人気作を手掛けた福田雄一。主演はコメディからシリアスまで自在に演じる山口祐一郎。

【あらすじ】
青年エドウィン・ドルード(壮一帆)は婚約者ローザ(平野綾)と結婚をしたら、エジプトに引っ越して起業しようと計画していた。しかし、エドウィンの叔父でローザを秘かに執着的に愛するジャスパー(今拓哉)、同じくローザに一目ぼれしたインド出身の青年ネヴィル(水田航生)、そしてローザといわくがありそうな阿片窟の女主人パファー(保坂知寿)など、様々な人物の思惑が入り乱れ、彼らの周りには不穏な空気が漂っている。
外は荒れ模様のクリスマスの夜、ジャスパー宅にエドウィンとローザ、ネヴィルと双子の姉妹のヘレナ(瀬戸カトリーヌ)、牧師のクリスパークル(コング桑田)が集まる。案の定、エドウィンとネヴィルは言い争いになり、嫌な雰囲気を残したままパーティはお開きに。すると翌朝、エドウィンが行方不明になっているという報告が。エドウィンはネヴィルに殺されたのだと主張するジャスパーと市長のサプシー(山口祐一郎)。しかしネヴィルは犯行を真っ向から否定。ローザもエドウィンが死んだとは認めたくないと悲嘆にくれるが—。

『ミュージカル エドウィン・ドルードの謎』は5月14日(土)15日(日)福岡市民会館にて。
チケットは2月27日(土)発売

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

ミュージカル エドウィン・ドルードの謎EVENT

期間 2016年5月14日(土)~2016年5月15日(日)
時間 5/14(土)13:00・18:00、5/15(日)13:30
料金 S席-11,500円、A席-9,000円

U25[25歳以下の方]5,000円

※U25は当日座席指定、当日年齢確認ができる身分証明をご持参ください。
チケット発売日 2016年2月27日
主催者URL http://www.picnic-net.com/
●会場:福岡市民会館

※未就学児童入場不可
お問い合わせ ピクニックチケットセンター(TEL:050-3539-8330)

プレイス情報PLACE

福岡市民会館

住所 福岡市中央区天神5丁目1−23
TEL 092-761-6567
PAGE TOP