@babachan0223の福岡飲食店伝説

秋に食べたくなるピリ辛坦々麺!の巻

2015年10月22日 08:00 by 馬場健治

 秋になり、肌寒くなってきた今日この頃。秋冬にかけて食べたくなるのが私の場合、辛い料理。好きな料理は麻婆豆腐や坦々麺なのですが、そういえば、近年、坦々麺を出すお店が増えました。最近でも、9月16日には、水炊きの「とり田」の系列店「博多坦々麺 とり田」が美野島にオープン。「とり田」月替わりランチでも人気だった水炊きのスープをベースにした坦々麺がいつでも食べられるとあって、オープン時はお客さんの行列ができていました。こんにゃく麺を使った、ヘルシー坦々麺もあります。そして、同日、今泉にオープンしたのが「頤和園(いわえん) 天神店 China Garden」。新しいi.CUBEビル2Fにありまして、1Fには「29 TERIA BARUMICHI(ニクテリアバルミチ)」という肉バルもできた注目のビルですが、ここに博多駅近くの大博多ビル店で坦々麺がサラリーマンやOLに絶大な人気を誇る中華料理店「頤和園」がオープンしたのです。天神エリアで働く私たちにはありがたいことです。天神店はカジュアルでコンパクトな感じで、メニューも500円の小皿メニューが18種類と充実。一人でもコスパに楽しめますよ。一度は行っておきたいのは、大丸地下の「赤坂四川飯店博多店」。お惣菜売場にイートインコーナーがある感じですが、日本に坦々麺を広めた料理の鉄人でおなじみ、陳健一のお店です。汁なし坦々麺も人気ですね。大名と9月に博多駅前店をオープンした坦々麺の専門店「大名ちんちん」は四川飯店出身の人がオーナーだそうです。ピリ辛だけどゴマだれでマイルドになる感じが私は好きです。
 個人的に好きなのは早良区飯倉と南区西長住にある「黄金の福ワンタン まくり」。福ワンタン麺や酸辣(スーラー)麺が人気メニューの店ですが、坦々麺も見た目ほど辛くなく美味しいです。逆に僕には辛すぎますが、チェーン店の「大明坦坦麺」は中国本場の味を求める方にはいいのではないでしょうか?
 他にも行ったことはないのですが、「博多拉坦麺まるたん」、「ちー坊のタンタン麺」「坦々と」など、坦々麺に力を入れているお店がいつの間にかいっぱい。しばらく食べ比べを楽しみたいと思います。とりあえず、久しぶりに天神・DADAビルの「華都(シャトー)飯店」の坦々麺を久しぶりに食べに行こうかな。


1.「博多坦々麺 とり田」の坦々麺、950円。辛さを選べます。
2.「頤和園 天神店」の坦々麺、900円。胡麻の香りとコクがたっぷり。

取材・文:馬場健治
このライターの他の記事を読む

PAGE TOP