グルメ

和食とスペイン料理を融合した、独創的なる創作料理

2015年09月29日 15:00 by 木下 貴子

店名に添えられた「japanese & spanish」の文字。「初めて来られた方は戸惑って、『何の店?』ってたいてい聞かれますね」と代表の曽我部勇太さん。「うちは和食でもなくスペイン料理の店でもなく、いうなれば、創作料理の店です」。

なぜ日本とスペインに限定したのかというと、和食とスペイン料理で腕を磨いてきたシェフの新田将広さんの経験によるところが大きく、それを存分に生かしたかったため。おもしろいのが、和食とスペイン料理をそれぞれ提供するのではなく、2つを融合させたところです。メニューには「博多明太子と白ネギのアヒージョ」「釜揚げしらすとあさりとカリカリ梅のボンゴレ・ジャパン」「活きあさりだらけ ゆずの香りパエリア」というような、独創的な料理が連なります。

独創的で見た目も華やかですが、決して奇をてらうわけではなくあくまでも基本は「美味しさ」を伝えること。「和食とスペイン料理って、近からずも遠からず。新鮮な素材を重視する部分など通じるところがあります。互いのいい部分を合わせたのがうちの料理と思っていただければ」と曽我部さん。そして料理には、日本酒もワインもよく合います。

営業は朝5時まで。遅い時間までフード注文ができるし、バーとしての利用も可能。あらゆる面で重宝しそうです。


【1】「活きあさりだらけ ゆずの香りパエリア」(26cm・2,200円)。アサリの出汁が染みわたり旨味バツグンのパエリア。合わせる柑橘は季節によって変わります
【2】9月5日に警固町交差点そばのビルの2階にオープン。モダンでスタイリッシュな内装やテーブル、カウンター。落ち着いて寛げる小バコな空間です

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

京乃弥

住所 福岡市中央区警固1丁目12−3
TEL 092-791-3675
営業時間 18:00〜翌05:00
定休日 火曜日
PAGE TOP