グルメ

運命の箱舟に乗った仲間たちが創り、奏でる。想い詰まった本格広東料理

2015年09月28日 08:00 by 木下 貴子

会員制グルメサイト「口福倶楽部」の主催であり、福岡屈指のグルマンとして知られる山口智太郎さんがプロデュースする中国料理店が、9月に天神にオープンしました。このレストランは、福岡に本格的な中華料理の店をと長年山口さんが切望し、描き続けていた夢が形になったもの。まるで運命に導かれたかのように、スタッフ、場所、時期…それぞれのタイミングが合致しての始まりでした。

「『僕には夢がありまして…』と、山口さんが僕にふっと言われたんです」と、料理長の本堀大介さん。2人の出会いは、今年の2月。山口さん主催の料理の会に、偶然手伝いに入った本堀さん。「山口さんとはウマが合いそうだな〜と直観で感じました。山口さんもそう感じてくれたのか会話をするうちに、山口さんの夢の話になり、それがいつの間にか『一緒に店をやりましょう』となったんです」。当時、ホテル日航の「鴻盧 博多大丸店」で腕を振るっていた本堀さん。「すぐの話ではないだろうと思っていたら、3日後に声がかかり、6日後にはもう店を始める具体的な話になっていました。まさにとんとん拍子、僕の人生がぐわっと変わった瞬間でした」。

そこからがものすごいスピード。山口さんと本掘さんら料理人たちは、東京、関西、香港名店約30軒をめぐり、山口さんが思い描く中国料理の味と知識を徹底的にリサーチ。数ある中国料理の中でも、「旨味が濃厚なのに後味がすっきりで、しつこくない。また、素材のうまみがしっかり出せる広東料理に決まりました」と本掘さん。何度も何度も、店で出すメニューを考え、試食をし、改良を重ねたといいます。山口さんがスタッフに求めたのは、バランスの取れた当たり障りのない味ではない味。中華のキャリア11年の本堀さんでも「自信を失いかけましたね…。でも自分も過去の枠から抜け出さないと!とふっ切れてからは迷わず突き進めました」。その甲斐あって、いまメニューには山口さんの舌を納得させた至高の料理がずらり並びます。

ランチは平日1,000円〜、土日祝日は1,200円〜。ディナーは5,000円のコースを1つ月替わりで用意し、ほかはアラカルトになります。アラカルトの場合、最強の火力でさっと調理し旨味を引き出す「本日の野菜料理」(中皿・1,200円)、そして東京と神戸の名シェフから学んだという「釜焼きチャーシュー」(中皿・1,500円)、「釜焼き豚バラ肉のクリスピー焼き」(中皿・1,800円)などの焼肉料理は、ぜひお試しを!

ここまで主に料理について触れてきましたが、この店の成り立ちにスタッフ全員の情熱は欠かせません。内田純一マネージャーを筆頭にスタッフ一丸となって、お茶やお酒、ホールのサービスなど全体にわたって徹底的に吟味したといいます。山口さんがふと語った夢が、みなの情熱で7カ月後に形となりました。彼らを乗せた運命の箱舟。その奏でる味は、私たちに未知なる世界を見せてくれることでしょう。




【1】金華ハム・鶏・豚から贅沢に旨味をひきだした極上の中華スープ「SESSIONの上湯」。こちらはすべてのランチに付いてきます
【2】ヌードルランチ(平日1,400円、土日祝日1,600円)より「チャーシューと翡翠麺の和えそば」
【3】薄紫をキーカラーに、アンティークの家具や調度品などを配した落ち着いた雰囲気の店内。ゆっくりとした大人の会食や記念日などに最適です

取材・文:木下 貴子
このライターの他の記事を読む

プレイス情報PLACE

広東コンテンポラリーチャイニーズ SESSION(セッション)

住所 福岡市中央区渡辺通5丁目25−18  天神テルラビル2F
TEL 092-732-4444
営業時間 11:30〜15:30(入店14:00)/17:30〜22:00(入店20:30)
定休日 水曜
PAGE TOP