イベント | 舞台

劇団四季のディズニーミュージカル『美女と野獣』が2016年3月に福岡でロングラン公演決定!

※このイベントは2016年6月12日(日)をもって終了しました。

2015年09月30日 08:00 by 筒井あや

2016年3月、再び劇団四季が福岡に登場です!しかも!演目は、ディズニーミュージカル『美女と野獣』。同作品は、これまで福岡では2度公演を行い、なんと約50万人を動員した、まさに大人気ミュージカル!2016年3月から夏頃までを上演予定。

本作に出演予定のキャストの方々が来福し、作品の魅力や福岡公演への豊富を語ってくれました。

ビースト役、北澤裕輔さん
「2015年4月の広島公演から、ビースト役をやらせていただいています。この作品は、豪華絢爛な衣裳や装置も素晴らしいのですが、男女の愛、親子の愛、友情、など人間の様々な愛の形が描かれた作品です。まさにディズニーらなではの魅力に溢れたミュージカルだと思います。僕にとってこの役は、自分の心や、これまでの人生にとてもフィットする役で、毎回公演する度に、リアルに心をゆさぶられています。毎公演新しい発見がある、とても魅力のある役だと思っています。ビーストはベルに出会って、本当の愛とは何かを知る役です。最初は頑なな鎧をまとっている野獣が、だんだん、はがされていって心が裸になっていく。そういう過程を、毎公演丁寧に演じていきたいと思っています。」

ベル役、平田愛咲さん
「私もこの役は2015年の広島公演から出演しています。幼い頃に『美女と野獣』を観て、いつかベルになりたいなと思っていました。そして私は福岡市の出身なので、10年前中学生の頃に、「美女と野獣」をこの福岡で拝見しました。その時の感動は今でもしっかりと覚えています。今度はその感動を、私自身が皆様にお届けできますよう、これからも稽古に励みたいと思います。福岡のみなさまにお目にかかれる日を楽しみにしています。」

ミセス・ポット役、早水小夜子さん
「この役は、2003年の京都公演で初出演いたしまして、ずっと演じ続けている役です。そして、福岡では2005年から6年にかけての8ヶ月間の公演で、お世話になりました。ミセス・ポットはお母さん的な存在で、優しくて、温かくて、愛に溢れた人物です。そして唯一、王子が頭が上がらない人物でもあります。
見どころは、たくさんありますが、そのひとつに魔法によっていろんな装置や衣裳がどんどん替わっていきます。私の衣裳も二幕になるにつれて陶器っぽく変わっていったり。そういう細かい部分までよく出来ている作品です。お芝居だけでなく、衣裳や舞台セットなども楽しんでいただけたらと思います。福岡、また九州のみなさまに楽しんでいただけるよう頑張っていきます。」



さらに、2017年6月から2020年5月までの約3年間、キャナルシティ劇場を拠点に専用的に公演活動を行う予定。この期間の演目は現在選定中だそうで、ロングラン公演を中心に、福岡初登場となる演目も検討中とのこと。

再び、様々なミュージカル作品で福岡を盛り上げてくれそうです。

劇団四季 ディズニーミュージカル『美女と野獣』は、
2016年3月13日(日)からキャナルシティ劇場にて開幕。
チケット発売は、12月26日(土)から。
左から、平田愛咲さん(ベル役)、北澤裕輔さん(ビースト役)、早水小夜子さん(ミセス・ポット役)

取材・文:筒井あや
このライターの他の記事を読む

劇団四季 ディズニーミュージカル『美女と野獣』EVENT

期間 2016年3月13日(日)~
料金 S席-9,800円、A席-8,000円、B席-6,000円、C席-3,000円

ファミリーゾーンS席子ども-5,000円 A席子ども-4,000円

※子ども=公演当日3歳以上、小学6年生以下

※3歳以上有料
チケット発売日 2015年12月26日
●会場:キャナルシティ劇場

お問い合わせ 劇団四季 福岡オフィス(TEL:092-482-2013)
PAGE TOP