イベント | アート

版画ではない、一点ものの魅力。特別展『肉筆浮世絵の世界 美人画、風俗画、そして春画』

※このイベントは2015年9月20日(日)をもって終了しました。

2015年08月07日 08:00 by JUN

近年、国内外で関心が高まり、その魅力が認識されるようになってきた「肉筆浮世絵」。彫師、摺師との共同作業を経て完成する版画「錦絵」と異なり、「肉筆浮世絵」は最後の一筆まで浮世絵師が完成させる、一点ものの絵画です。

福岡市美術館では、約70人の絵師たちの作品(約170点)を展観する特別展『肉筆浮世絵の世界 美人画、風俗画、そして春画』を開催。喜多川歌麿の新発見作品《花魁と禿図》を含む、初公開作品も多数展示されます。

また、浮世絵の全体像を知るために、忘れてはならないジャンルが「春画」です。福岡市美術館では、これまでほとんど公開されてこなかった「春画」を、公立美術館として日本で初めて展示!『春画展示室』が特別に設けられ、肉筆画、版画の傑作約30点(約180図)が公開されます。

※春画には刺激の強い表現が含まれます。18歳未満の方は、春画展示室には入場できません。また、一般の方でも春画展示室に入場せずに、春画以外の展示を観覧可能です

葛飾北斎、菱川師宣、鈴木春信をはじめとした、名手の筆致を存分に堪能してみては?
 




【1】葛飾北斎《酔余美人図》公益財団法人氏家浮世絵コレクション蔵
 ※展示期間:8月22日(土)〜8月30日(日)

【2】(左)喜多川歌麿《花魁と禿図》個人蔵
(右)菱川宗理《見立六歌仙図》板橋区立美術館蔵

【3】(上)河鍋暁斎《新富座妖怪引幕》早稲田大学坪内博士記念演劇博物館蔵
(下)宮川長春《春の誘い》(部分)個人蔵 ※会期中巻き替えの可能性あり

取材・文:JUN
このライターの他の記事を読む

肉筆浮世絵の世界 美人画、風俗画、そして春画EVENT

期間 2015年8月8日(土)~2015年9月20日(日)
●会場:福岡市美術館

●休館日:毎週月曜日

●開館時間:8月/9:30〜19:30(日曜は17:30まで)、9月/9:30〜17:30

※8・9月ともに入館は閉館の30分前まで



●料金:一般[18歳以上]-1,400円(1,200円)

高校生[18歳未満]-800円(600円)

小中生-500円(300円)

※一般には、満18歳以上の高校生・大学生・専修学校生等を含みます。

※年齢制限のある春画の展示がありますので、身分証の提示で年齢を確認される場合があります。

※( )内は前売り、20人以上の団体および満65歳以上の方の割引料金。満65歳以上の方は、チケット購入時に年齢が分かるもの【健康保険証、運転免許証等】を提示してください。



◎下記該当者は観覧無料

・身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名。

・特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾患医療受診券の提示者。

 

●URL:http://ukiyoe-paintings.jp/
お問い合わせ 福岡市美術館(TEL:092-714-6051)
PAGE TOP