まち

TENJIN MAGAZINE ep. 200th ISSUE NOW+FUTURE〜1999〜

2015年06月05日 18:00

【ソラリアステージOPEN!きらめき通り地下通路が完成】
●きらめき通りをはさんで交差するふたつのエポック
1999年4月、ソラリアステージがグランドオープン。ソラリアプラザ(1989年創業)、ソラリアターミナルビル(1997年創業)に続く、ソラリア街区の第3弾としてデビューした。もちろんep.でも大々的に特集し、3館をクルージングする楽しさを紹介したものだ。
 また、ソラリアステージの誕生に合わせて、天神に、新しい人の流れをつくった通りがある。それは、天神地下街から岩田屋本館B2Fを繋げる、きらめき通り地下通路だった。
 そんなエポックから16年後の今年4月。今度はソラリアプラザが“第2期創業”としてグランドオープン。新しく創出されたB2Fフロアは、きらめき通り地下通路とフラットにつながり、人の流れを集めている。新・エポックがまた誕生し、天神のヒストリーを築いていく。

◆NOW...
ソラリアプラザが2nd.グランドオープン。きらめき通り地下通路が天神のグルメストリートに!

【音楽家・ボギー氏のイラストが表紙を飾る】
●16年間の時を経てep.がつなぐ親子の歴史!!
創刊間もない1999年1月号で、表紙のイラストを描いてくれたのは、福岡在住の音楽家であるボギー氏(nontroppo)。「ヨコチンレーベル」の主宰者であり、福岡の音楽シーンになくてはならない存在だ。そんなボギー氏の息子は、11歳にしてコクのある似顔絵で人気のモンド君。初の画集「モンド君(パルコ出版)」も話題を呼んでいる。そして満を持して(!?)、2015年、LOVE FM & ep.に登場。親子でep.掲載は、誌上初かも!

◆NOW...
その息子・モンドくんのイラストが人気となり、ラブエフエムにも出演!

【ソラリアステージ「ひょうたんの回転寿司」に行列が出現】
●オープン1年で天神名所に!地元民も観光客も並ぶ味
開店から2カ月後。ソラリアステージB2F「ひょうたんの回転寿司」の長い行列はすでに話題で、ep.も即行で取材をした。そして2015年、その行列の中で目立つのは、外国人観光客の姿だ。この店のおいしさは海外にまで響きわたり、今は、各国の人々が行列をさらに長くしている。
ちなみに店内には韓国語が話せるバイリンガルの寿司職人も登場!嗚呼、天神のグローバル化。

◆NOW...
海外からの観光客も大幅増加。バイリンガル寿司職人も活躍。





※今回の情報が掲載されている天神マガジン「ep.」はこちらでゲットして ≫
http://tenjinsite.jp/ep/




【1】NY発、食のセレクトショップ「DEAN & DELUCA」ほか、7店中6店が九州初出店したソラリアプラザB2F。
【2】深町健二郎氏と登場した、ボギー氏&モンド君。
【3】釜山ですし職人経験もある、濱崎壮平さん。

PAGE TOP