グルメ

人気絶大・地元野菜と海の幸のサラダ、九州発の仏レストラン

2015年05月27日 12:00

●地元に根ざしたフレンチ
『明るい店内でゆっくりと寛げるフランス料理』。リラックスしながらゆったりとフランス料理を食べることができる。地元である春吉地区に店を構えることが夢だったというオーナーシェフの平賀幸治氏が、2013年にレスタッシュはオープンした。地元に根ざしたフランス料理店を目指しており、敷居は高くないが、本格的でしっかりとした味わいを楽しめるお店となっている。

●九州の幸を使い、引き出す
レスタッシュでは、九州の食材を積極的に使っている。出身地に店をオープンさせた地の利もあり、食材は小学校時代の先輩や後輩がいる『柳橋連合市場』で仕入れている。レスタッシュは自然の恵み溢れる九州の幸の持つ美味しさを活かし、シンプルかつ丁寧に調理することを心がけているんだそう。こだわり食材の組み合わせが織りなす、素朴なフランス料理は何度でも通いたくなる味わいである。

●全体のバランスを大切に
お料理を美味しく、ワインを美味しく。その組み合わせの妙こそが食事の喜びの一つであるから、常にソムリエと相談してソースや調理法を検討しているのだという。レスタッシュはお客様が満足できるように、忙しい時も落ち着いている時も同じ空気が流れている店であるためにサービスやサーブのタイミングなど、細かいところまで配慮を怠らない。そういった全ての要素のバランスが絶妙なのだ。

●素材の旨味を大切に 日常の中の特別
素材の旨味をお客様に感じ取って欲しいと願う平賀シェフ。だからこそ旬の食材を細心の注意を払って選び、的確な調理法と組み合わせを念頭に置いているのだという。落ち着きのある日常の普遍性の中にふと現れるオアシスのような存在であるために、お客様がほっとする空間で美味しいお料理を提供しているのである。当店のミネストローネは九州の黒豚や和牛のもつを使用しており、格別に美味しく手の込んだ仕上がりになっている。



■平賀 幸治/全ては地元に店を出すために 高校卒業後『西鉄グランドホテル』に入社する。サービスの基本を学ぶためにはじめの1年間はウエイターとして働いた。その後調理場で研鑽を重ね、当時のソムリエ協会初代九州支部長の退職・独立をきっかけに立ち上げ時よりシェフとして勤務。その後もお菓子やデザートのためにパティスリーを回る。ソムリエ協会二代目九州支部長の店で勤務後独立。レストランで働きつつも時間を見つけ鮮魚市場で魚について勉強していたのだという。




【LUXA RESERVE[ ルクサ リザーブ ]とは】
高級レストランのお食事を24時間予約できる大人のための会員制サービス。ハイクオリティな有名レストランを24時間いつでも予約することができます。質の高いレストランのプランも多数ご用意。

【天神サイトをご覧の方限定】
★3ヵ月無料になる会員登録はコチラから!
https://goo.gl/vi8EUG




[SPECIALITE] 九州産 季節の野菜と海の幸のサラダ仕立て
鮮度にこだわり、その日の仕入れにより味わいの相性を確かめながら一皿に仕立て上げる。季節によって雰囲気がガラッと変わるのも、リピーター率の高さの秘訣である。

プレイス情報PLACE

レスタッシュ

住所 福岡市中央区渡辺通1丁目9−30
TEL 092-406-7973
営業時間 11:30〜14:00、18:00〜22:00
定休日 日曜日
PAGE TOP